font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生義元左文字



義元左文字を見に、京都国立博物館に来ました。

kyohaku-2016-1.jpg
開館直後に来たのに、すでに70分待ちでした(笑)
刀剣女子すごいよ!
とはいっても、
最前列で(展示ケースに張り付いて)見たいなら、並ばないといけない、
というだけで、ケースから1mくらい離れて、並んでた方々の頭越しでよければ、全然待たなくて大丈夫です。
まぁ、管理人はより近くで見たかったので並びましたが・・・
(持ってった文庫本1冊消化しました・・・笑)

狭い展示室に、ズラリと国宝やら重文やらが並んでいる景色はなかなか壮観でした。
そして女子だらけ。目の保養させてもらいました(おっさんか!笑)
管理人的メインの義元左文字は展示室の左奥隅におりまして、
近づくにつれて、血の気が引いていくのが、よく分かりました。
目の前に来た時は、もう鳥肌立ちまくりで、目頭が熱く・・・・・(涙
これを上様が実際お手にされていたかと思うと、
どうしても込み上げてくるものがありました。
義元討捕刻彼所持刀の象嵌もはっきり見えて、
上様嬉しかったんだろうなぁ(*´∀`)
と、ちょっとにやにやしてきました(笑)
(裏の尾張守は見られませんでした。残念)
摺りあげて正解だなぁ、と思うくらい刀の幅で、
肉厚と言っていいのか、重そうでした。
その後に見た、陸奥守吉行とか、虎徹に比べたら短いし、溝も入ってるのですが、
あれを振り回す膂力って、どんだけだよ・・・と思いました。
細マッチョ上様vv


という訳で、
これから建勲神社に寄って、
第二の目的地、妙心寺玉鳳院に行って参ります!


+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+
 
今、大徳寺の近くでご飯を食べているのですが、
カウンターの並びに、ヨーロッパ系のお兄ちゃんがいて、正しい箸の持ち方で、蕎麦食べてるんだけど、音がしない!黙々と無音で食べてる!
うどんすすりづれぇ(笑)

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+ 


建勲さん着
kenkun-2016-1.jpg
普段はめったにおみくじはひかないのですが、
会社の同期内で、初詣で引いたおみくじの写真を
LINEであげるのが流行って?たので引いてみた。
大吉でした。
ちょっと凶を期待していたとか云ったら怒られるでしょうか(みっちー(笑

去年の大祭の時に買わせて頂いた、
ぴんくの建勲神社特製御朱印帳に、
御朱印を頂きに、社務所へ行きましたら、
もう左文字さんはご覧になられましたか?
と、京博へ行ったのを看破されました。
展示されるのは久しぶり(5年ぶり?)だったそうで、
やっぱり来て良かったです。
おまけに、お参りに来ても基本的に人とすれ違わない
建勲神社に、今日は3人も人を見かけました(感涙
刀剣ブーム万歳。
いや、ただの歴女と歴士だったかもしれませんが。




長くなったので、
玉鳳院は次の記事へ。


 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/995-aa159cdf
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。