font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あの昌幸さんのかっこよさは反則


ボウイ氏の訃報があまりに悲しすぎて、
がりがりTOP絵を描いて紛らわせてました。
が、
戦メリ3周しても紛らいきらなかったので、しばらく凹んだままだと思います。
ずっとかっこいいままのセリエでいて下さってありがとうございました。
ご冥福をお祈りいたします。


と、言う訳で、
昨日は大河の感想を書いている余裕がなかったので、
遅くなりましたが、大河『真田丸』第一回、感想。

オープニングの題字のところがどうしても、
人形劇三国志に見えて仕方が無い、とか、
シブサワ・コウがどうしてスタッフロールにいるのかしら、
と、思ったら、解説の地図が信長の野望すぎて笑った、とか、
高木渉って、あの高木渉?と思っていたら、
本当に高木さんで、しゃべる度にウケてた。とか、
氏政兄さんが、ご飯に汁かけて食べてたけど、
量が足りてるのか、すごく心配だった、とか、
細々とした感想はあるのですが、


草刈正雄のあまりの

格好良さにすべて吹き飛びました。



どうして息子がああなるんだよ。
と、理不尽なツッコミを入れたくなるくらい素敵でした。
かっこいいのは知ってましたけど、改めて思い知らされました。
そして、
かっこいいのは知ってましたけど、


平岳大の予想以上の

格好良さにおもわず唸りました。



篤姫で慶喜役をされてた時から、かっこいいなぁ。
とは思っていましたし、現代劇より絶対時代劇の方が合うのになぁ。
と、思っていましたけれど、今回の勝頼は良かった。
出番がたぶん次回までしかないのが、惜しい!
あまりお歳を召されないうちに、是非上様を演っていただきたい!!

ああ、
そう、そうでした。本命の上様。
1コマしか出なかったですね!!
意外とお優しそうな印象。
でもキレさせたら恐い感じがしてワクワクします(笑

それにしても、
お召しだった陣羽織の、背面の木瓜紋は
もうちょっと小さい方が上品でいいんじゃないかなぁ。
小さいと見えないから、わざと大きい銭形平次の寛永通宝みたいなことなのかな。
ま、それはともかく、
次回は、

お前がいつ苦労した!ごるぁ!!(`Д´) ノ

の件。楽しみです(笑



コンチェルトの新刊買いましたが、
元気があったら明日書きます。

 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/993-86799ed9
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。