font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
戦績Aの効果音を聞くと、大神がやりたくなる(刀剣乱舞



新刊落としました。ごめんなさい。
龍華です。


申し訳ないついでに、今日の記事は御屋形さま関係ないので、
スルーして下さい。




オンリーご参加のみなさま、お疲れさまでした。
何となく感じてはいましたけれど、
刀剣乱舞(ゲーム)の勢いが凄かったです。
恐惶謹言のサークルスペースの3倍はありました。
しかも、カップリングごとに分かれてるんだもの。吃驚しました。
入場してらしたお嬢さん方はほぼ全てそちらへ流れて行き、
時流、ってよく云ったもんだと思いました。

で、
気になってはいたのですが、
やろうかどうしようか悩んでいた
(ゲームの目的が、時代の流れを変えようとしている
 悪者を、つくもがみの刀剣たちと一緒に戦って倒し、
 歴史の流れを修正する。というもので、
 折角回避した本能寺の変を正しく起こせ。
 とか、精神的に無理ゲーだろ!と踏み出しかねていた)
ので、お世話になってるサークル主さんに聞いてから
考えよう。と、思って、イベントの日までやらずにおりました。

さて、当日、
創作織田のサークル主さん(私のお隣、ふたりともやってらしたので)
に、色々教えて頂きましたところ、
やはり、どSゲーだということが判明しました(笑
本能寺のステージは、涙なしには通れないとか・・・・
長谷部は黒田家の子なのに、上様のことしか喋らないとか・・・(涙
それでも、つくもがみの刀剣男子たちが可愛いので、
やってもいいと思う!と、お伺いしまして、
じゃあ、帰ったらやります!と、宣言して帰途につきました。

やる気は満々、でしたが、
如何せん、帰りの新幹線まで時間がありましたので、
歌舞伎座に行って、幕見をして参りました。
(歌舞伎は基本的に、昼の部、夜の部でチケット販売していますが、
 それぞれ、2~4幕の違うお話、もしくは同じお話の異なる場面で
 構成されています。なので、そのうちの1幕だけ、ちょっとお安い
 値段で、ただし席は二階席の最後列で見ることができるシステムが
 ありまして、それを幕見といいます)
何の狂言がやっているのか知らずに行きましたら、
丁度、新薄雪物語の「合腹」と「正宗内」を見ることが出来ました。
実はこの話、
鎌倉幕府のお武家の姫と若侍のメインの恋物語に、
刀鍛冶、来国俊の仇打ちのお話が絡む演目だったのです。

鎌倉将軍家の若君誕生の祝いに献上の太刀を依頼された
刀工、来国行が、試し打ちの太刀を清水寺に奉納に行ったところ、
その太刀に呪詛を刻んだ男があり、それを見咎めた国行は
逆に黒幕に殺されてしまいます。
一方、息子の来国俊は、女遊びがたたって、国行に勘当され、
流浪の末、身分を隠して、鎌倉の刀工、正宗の元に弟子入りしていました。
まじめな働きぶりで正宗に気に入られ、正宗の娘のおれんとも
相愛で、国俊ちゃっかりしてます(笑
しかし、正宗には不肖の息子があり、それが何と奉納の刀に
呪詛をかけた張本人だったのです。
それを知った正宗はある決意をします。
新しい刀を打つ手伝いをするよう、息子と国俊を呼びます。
刀を鍛え、水に入れて冷やした直後、息子の右手を切り落としてしまいます。
研いでもない打っただけの刀で、手が切れるとか、正宗すごいです(笑
それはさておき、正宗は国俊の前に膝をついて、こう頼みます。
貴方が国行の息子なのは知っている。
是非、娘をもらって、来の家を再興してほしい。
しかし、親の敵の妹というのでは、障りがあるから、
私は息子の手を切った。
これは親子の縁を切ったつもりであるので、どうか承知してほしい。
それに、これ以上息子が悪事を重ねないように、という思いもあって、
腕を落としたのだけれど、出来の悪い子供ほど、親は可愛いので、
もしこれで息子が改心したならば、もう刀は打てないだろうが、
包丁でも打たせて使ってやってほしい。
この正宗の親心に、管理人号泣です(笑
息子も心を打たれたらしく、改心します。
直後、正宗の家に逃げ込んできた、メインのお話のお姫様に
差し向けられた討っ手を、見事返り討ちにして、この幕は終わり。
お話としては、この後に、国俊が黒幕を倒す場面があるそうです。
包丁うんぬんの所で、右手がないから、左の字を入れて・・・
と言っているように聞こえて、左文字にかけてるのかな?
とも思いましたが、はっきり聞き取れなかったので妄想かもしれません。
いや、まあ、そうだったら、上手く出来た話だなぁ、と。

そんな訳で、
偶然見に行った歌舞伎にも背中を押されたので、
尾張に戻りまして、いそいそと、刀剣乱舞をはじめたのでありました。

つづく。


追記。
新薄雪のメインの話の方で、
幸四郎さんと仁左が、お互いに延々笑い合うのが面白かったです。
笑うと云うと、昔見た、我當さんの時平もすごかった。
笑うのも芸なんですね。


 
コメント
この記事へのコメント
とうらぶ!
私も歴女として気にはしてました(笑)やはり自分の好きな人の刀剣は気になりますよね~。しかもイケメンだし(^m^)

ゲーム感想楽しみにしてます!
2015/06/17(水) 19:16:27 | URL | ちあき #-[ 編集]
せっせとクリック中
ちあきさんこんばんは。
ついに始めてしまいました、刀剣乱舞。
今も、プレイしながら、ヒストリアの牛ちゃんの再放送(録画)を見てました。
が、ついヒストリアに夢中になって、しばらく放置(笑
こういう、ゴールが無いゲームは苦手なのですが、
とりあえず、織田の刀たちを集めるのを目標に頑張ります!
2015/06/18(木) 00:53:50 | URL | 龍華成(管理人) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/964-a83e7456
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。