font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私が命を捧ぐのは心底惚れた御方だけ


台風来ましたねー。
季節外れとか云うけど、いや、だって、今日は
日本史上最強雨男のお誕生日だからしょうがないよね。
と、思った人は仲間。龍華です。


さて、
先日購入の雑誌。
はい、すみません、これも連休前に買ったやつです。
孔雀王、戦国自衛隊連載中。
今号は、あさりよしとお氏の『戦国機甲伝クニトリ』が
連載開始です。
ちょっとレトロなロボットに乗った三英傑が、
長篠で戦ってました。ちなみにみんな女の子です。
上様はでこ出しポニテのキレ者です。
それから、上様はお出になりませんでしたが、
名古屋山三の読み切りが載っていました。
見たことのある絵だなぁ、と思ったら、だいぶ前に買った
かぶき姫 ―天下一の女―1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)かぶき姫 ―天下一の女― 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
お国の漫画の方でした。
名前が平仮名になってて気付かなかった(汗
作中、山三が
「俺が命を捧げるのは 俺が心底惚れぬいた御人だけさ」
と、見得を切るシーンがあるのですが、
そ、それって、鶴ちゃんだよね!?鶴ちゃんだよね!!
と、半泣きしながら読んでました。

・・・ていうか、鶴ちゃんだよね?
私の贔屓目とかじゃないよね。
まさか仙千代じゃないよね。(まさか


あぁ、それにしても、自分、どんだけ
“死に遅れた”感の影背負ってる人が
好きなんだろ。山三もそうだし、佐々もそうだけど、
それもこれも全てヨノイのせいだよなぁ(笑


 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/959-1642c4df
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。