font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

ゾンビの次は貞子さん(群青戦記6


火坂雅志氏の訃報に接し、息を飲みました。
山本兼一氏が亡くなられたのも丁度、去年の今頃で、
思い出して凹んでのダブルパンチです。
火坂氏というと、ど直球で上様を書いて下さったことは
確かなかったとおもうのですが、信長の密使とか沢彦とか
織田織田したものはいくつか拝読いたしました。
デビューが歴史小説作家としては早い方だったので、
多作な印象ですが、まだ50代ですよ。これからじゃありませんか。
素敵な作家がまたひとり逝ってしまわれました。
御冥福をお祈りしたいと思います。


さて、
訃報の後にこのネタはないんじゃないかと思いつつ、
先日購入の漫画。
著者 : 笠原真樹
集英社
発売日 : 2015-02-19
秀吉軍内での地位を確たるものにする為、
松永討伐に加わった高校生たち。
主人公、ただの歴史好きかと思いきや、
多門院日記どころか、和州諸将軍伝諳んじてるとか、
チートすぎる(笑 
弓なんぞ引いてないで、学者になれ(笑

それはさておき、目的の上様、久々にご登場。3ページ。
宗易さまに薬漬けにされた残念なままの上様でしたが、
今回はもう何と云うか、貞子さんみたいで怖かった!
それに反比例するように、秀吉がどんどんかっこよくなってきました。
桶狭間の頃の上様をこんな風に描いて下さったら良かったのに!
と、地団太を踏みたくなります。
それにしても、まだ覆面になってない頃の刑部が出ていて、
大谷ファンの皆さんはさぞ喜ばれたと思うのですが、
果たして、こんなにオネエキャラで許されるのか、少し疑問。


メモめもMEMO
鷲尾雨工 覇者交代 若鷹雲を呼ぶ
覇王の贄
晴れときどき、乱心3から?
銀牙伝説 赤目 伊賀の忍犬らしい織田が攻めているらしい
本朝甲冑奇談 文庫化 初陣物語はまだか
くノ一秘録 もう3まで出たよ
3月10日 蒼眼赤髪3完


 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/947-e86d723c
この記事へのトラックバック