font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不等辺多角形天守台がステキ


大晦日。
今年一年、私、何をやっとったんだ。(主にサイト)
と、反省するも、明日、出勤したらもう忘れて、
相変わらずの、のろのろ運営になると思います。
来年もまったりお付き合い頂ければ幸いです。
今年もお世話になりました。龍華です。


と云う訳で、
今年最後の記事は、岡山城。

okayamajou.jpg
今月の頭に、母と妹2に連れられて、
出雲大社へ行ってきました。
ツアーだったので、旅の2日目は倉敷散策でした。
が、
帰りの新幹線の乗車駅が岡山駅なのを良いことに、
散策をそこそこで切り上げさせて、
「ほら、後楽園あるから!」
と、一般人のふたりをそそのかして岡山城へ行かせる。
という、あくどい事をしました(笑

何故行きたかったかと云うと、
もう何年も前に甲子園の岡山県の代表校紹介VTRに
岡山城が映った時、「安土城に似てる!!!」
と思い、調べたら、安土城を模したと云われている、
のを知ったからなのです。
云われていると言っても、文献に残っている訳では
なさそうなのですが、それでも見たいと思うのが人情。
太平洋戦争の空襲で焼けてしまったので、再建天守です。
エレベータも通ってます(笑
正面から見ると、下層が広くておまけに黒いので、
たいへん重厚感のある天守です。
そして、普通天守台は四角いのですが、
岡山城の天守台は不等辺五角形をしています。
北西側からの写真が分かりやすかったので上げましたが、

おお、安土城っぽいvv

と、管理人はテンションあがりまくりでした(笑
写真の残っていない安土城の天守を再現するのに、
安土城を模したと云われている岡山城を参考に
したのでしょうから、当たり前っちゃ当たり前なんですが、
それでも、安土城を彷彿とさせたであろう美しさに感動しました。

 
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/01/04(日) 21:14:10 | | #[ 編集]
さすが細川家は持ってる
M様
新年のご挨拶を頂いたというのに、
返事がむしろ小正月に近くなってしまい、失礼致しました。
永世文庫の企画展!知りませんでした!見たい!!
古文書読めないのですが(汗)見たいです。
やはり目玉は自筆感状でしょうか。
自分は行けるか(できれば前期に(笑)分かりませんが、
是非たくさんの方に見て頂きたいですね。
早速記事にさせていただきたいと思います。
ありがとうございました!!
2015/01/11(日) 01:01:43 | URL | 龍華成 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/940-d7e45aa0
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。