font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

年末まとめ買い。2014。


うおぉぉ!昌磨ぁぁ!!
よくやった!!全日本2位だ・・と・・!!
去年は3Aも跳べてなかったのに・・・(感涙
高橋二世と呼ばれることのないよう、最初の昌磨になって下さい。
フィギュアの話です。龍華です。


さて、
今年ももう数えるばかりとなりました。
と云う訳で、
本日購入の雑誌&漫画&今月買ったけど、UPし忘れてた書籍。
著者 : 尚月地
新書館
発売日 : 2014-12-27
天下一!!』の読み切りが載っていたので買いました。
今回はフロイスミーツ上様。
二条城築城中の会見の件と、時計を返した件がメインでした。
延べ棒7本足しちゃう和田殿とかが可愛くさらっと出てきます(笑
この方はジパングの王になるだろう。
そして、この方の国を私は見たい。
というフロイスの独白に泣きそうになりました。

先回(10月号)の読み切りの予告で、次回は仙、堀、竹の話。
と、あったような気がするのですが、それはまた次に持ち越しの模様。たぶん。


『戦国武将列伝 2015年2月号』
密林画像出ませんでした。
引き続き孔雀王と戦国自衛隊連載中です。


著者 : 笹木ささ
キルタイムコミュニケーション
発売日 : 2014-12-25
出版社が出版社なので、えらい目に遭うのは覚悟していたのですが、
覚悟していたほどではなくて、ほっとしました(笑
主人公は濃姫様。
舅殿に隠密として育てられ、諜報の為に織田家に嫁ぎ、
織田家の内情を逐一報告していましたが、
次第に御屋形様に魅かれていき・・・
べったべたな説明ですみません。
基本的に、御屋形様(か、横恋慕の光秀)に、
押し倒されてなにしてるだけです。
濃姫様の乳が拝みたかったら買いましょう(笑
最後のオチ(本能寺)が急展開(年月的に30年くらい)
すぎて、そこが一番ウケました。


著者 : 泉万里
大阪大学出版会
発売日 : 2007-03-28

著者 : 狩野博幸
青幻舎
発売日 : 2010-10-01
がっつり資料・・・という程でもないですが、
原稿描く時に、参考にしたくて買いました。
屏風絵とか見るのけっこう好きなのです。


峠越え
著者 : 伊東潤
講談社
発売日 : 2014-01-10
家康公の伊賀越えの話っぽかったので
スルーしていましたら、どうやらその前の回想がメインだと知りまして、
慌てて買ってきました。まだ、ぱらぱらめくっただけですが、
至るところに上様の名前があって、期待大です。
帯に、徳川家康×伊東潤
と、書いてありまして、大御所様が攻めかぁ。
と、思った仲間はいませんか?私だけですね。すみません。


著者 : 宮本昌孝
祥伝社
発売日 : 2014-10-10
まだ、本家『風魔』を読んでいないのですが、
主人公、風魔小太郎とその仲間の短編集です。
上様はそのうちの1つ『魔王の風』にご登場。
これもまだぱらぱらめくっただけですが、
甲州攻めの際に、風魔を見たい。と、言う上様に呼ばれて、
出かけて行ったら、いきなり種子島で撃たれて、小太郎が迷惑する話のようです(違
たっきーも活躍していますので、ファンの方は是非。


双葉社
発売日 : 2014-11-19
名古屋の本屋で見かけて、帯に、

信長の天下統一は自転車操業だと。
(中略)そして再び、信長は何と産婆だと。

と、書いてあったので、とりあえず買いました。
冒頭は、九十九髪の三英傑評でした。
物の視点で描く戦国史。


漫画家の母親が描く、戦国漫画の時代考証をしちゃうくらい、
戦国おたくの主人公(表紙右)が、未来からきた、
トレジャーハンター(表紙左)のタイムスリップ装置に
巻き込まれて戦国時代に飛んじゃう話。
明智が攻め込む直前の本能寺に侵入して、
九十九髪を盗んだついでに、
“光秀は本当に敵は本能寺にあり、と云ったのか”
“信長は切腹前に敦盛を舞ったのか”
を、確認させてほしい!と主人公が本能寺内を
うろちょろしていたら、最後お一人になった上様と
遭遇し、サインをもらって帰ってくる。
という、すごい展開でした。
2話目(?)は、焼け落ちる前の安土城に盗みに入って、
石川五右衛門と対決していました。
九十九髪、23世紀に持って行かれちゃってましたが、
焼け跡から救出されて、現代まであるのは一体・・・??


 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/939-34fb1e35
この記事へのトラックバック