font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
緑川の無駄遣い・・・かも。(『協奏曲11』



高校時代の同級生と奈良に旅行に行く予定だったのですが、
相方が仕事の都合で行けなくなったので、日延べになりました。
もうこれは、管理人の友人をも巻き込んだ、
壮大な上様の思し召しに違いありません!
と云う訳で、

宇和島行ってきます!!!

上様ー!いま参ります!!(いや、まだ来週
龍華です。


さて、
徐々に実写キャストが発表されておりますね、協奏曲。
山田君好きなのに、秀吉役なのが残念。
もっと好きなキャラ演ってほしかったです。
それはさておき、
先日購入の漫画。
小学館
発売日 : 2014-09-12
ドラマCD付きの限定版を買いましたが、
同時発売のファンブックは買いませんでした。
おまけにCDもまだ聞いてません。
(だって、佐々がいなさそうなんだもん(涙

さて、さて、
今巻は、ずっと、おゆきちゃんのターンでした。
上杉の忍びのおゆきちゃんは、濃姫様の侍女として
織田家に潜入していましたが、信長暗殺の命を受けて、
ついに己の心に気付いてしまいます。
天衣無縫なサブロー君に惚れちゃったみたいですね(笑
抜け忍って立場大変そうだけど、大丈夫かしら?
でも、迷いを捨てて、サブロー君を守る。と決めたおゆきちゃん、格好良かったです。
ああ、もうひとりの忍びも、サブロー君に傾いてくれると良いのになぁ。



著者 : 野田宏
小学館
発売日 : 2014-09-12
3巻は主に、新撰組(近藤・土方・沖田・斎藤)と龍馬さんの
幕末組が活躍・・・・好き勝手してました(笑
土方さんに無理矢理ひげをそられて、
逆にもてるようになった、って喜んでる上様が可愛いです。
管理人、椿の妹の手料理を食べて意識を失って、
賽の河原で信秀パパに追い返されてる上様も可愛いし、
あいかわらず、光秀に間違った愛され方してるなぁ、
と思ったら、椿の妹さんにも間違った惚れられ方してて、
不憫すぎて萌える!この人!!(笑
でも、新登場の近藤局長と立ち位置がいっしょで、
(他メンツに振り回される役まわりで、かつツッコミ担当)
上様危うし!と、思っているのは私だけかしら・・・
がんばれ、上様!!


 
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/09/20(土) 20:53:15 | | #[ 編集]
ようこそ!!

M様

はじめまして!管理人の龍華と申します。
サイトを始めた頃に比べますと、戦国小説の発表数が増えてきて、
なかなか網羅するまでは行きませんが、お役に立てていましたら幸いです。

さて、信長受けっぽい小説ですが、
アンドロギュヌスと羽山氏が既読となりますと、
なかなか難しいですね・・・。
とりあえず、以下、受けっぽいかはあれですが、
皆が上様好き傾向の強いものをあげたいと思います。


『死して残せよ虎の皮』鈴木輝一郎 学陽書房
浅井長政と上様のベッドシーンがある(笑)
という、私の中で伝説の作品です。
精神的にものすごく可哀そうで守ってあげたくなる上様が素敵です。
輝一郎氏作品では、『信長と信忠』『金ヶ崎の四人』が、より受けっぽいかなぁ、と思っております。

『炎の人 信長(全6巻)』桑原譲太郎 徳間書店
これは上様と濃姫様がとってもラブラブで腐女子的要素は
あまり感じないとは思いますが、逆に皆が上様好きすぎて感動します。
もしくは胃がもたれます(笑
ただ、絶版なので、大きな図書館で探すか古本を探すしかない、というのが申し訳ないです。

『安土往還記』 辻邦生 新潮社
南蛮人の航海士視点の小説で、上様は家臣から畏怖されていて、
とても孤独に見えるけれど、我々南蛮人に対して向けてくるこの親愛の表情は何だろう・・・
という感じの、主人公の独白とともに話は進んでいくのですが、
この、孤独な上様をどうにかしてあげたいけど、
どうにもできないもどかしさが募ったところへ、ヴァリニャーニが登場します。
読んだ途端にヴァリニャーニ×信長を想像しました。
いや、腐女子なら絶対想像すると思います!
なんてことを云ったら怒られる程の純文学なんですけどね。
ストイックな上様がものすごく受けっぽいと思っています。
辻先生に土下座してもしきれません。

千利休の謀略をお読みになられたのでしたら、
是非、前作の『革命児信長(上下)』読んでいただきたいです。
ただ、これも絶版なんですよね・・・傑作なのに。
最近の本だと、伊東潤氏の『王になろうとした男』がそれっぽくて好きです。

入手しづらいものまであげてしまって申し訳ないですが、
よかったら探してみて下さい。
信長協奏曲、成功すると良いですね!
またお暇な時にでもお越し下さい。では!
2014/09/22(月) 20:14:50 | URL | 龍華成(管理人) #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/09/23(火) 00:05:11 | | #[ 編集]
思考回路がどうしてもそっちの方へ・・・
M様

こんばんは。
紹介したのは良いのですが、
信長受けに飢えた管理人の腐女子フィルターがかかっていますので、あまり期待しすぎないようにお願いします(笑
作品としては素晴らしいのは請け負いますよ!!
信受け作品が少ないなぁ、と嘆いていますが、
そもそも、普通の時代小説で他の武将の方々のそういう作品があるのだろうかと考えましたら、これも贅沢な悩みなんだろうなとも思います。
M様も素敵な作品を見つけられましたら、是非お教え下さい。よろしくお願いします!
2014/09/24(水) 00:19:46 | URL | 龍華成(管理人) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/922-7b076cdf
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。