font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
各務原のほうの手力雄へ観桜旅


目が!目がぁぁ!!(ℂムスカ


花見に行ったら目がかゆくて仕方がありません。
龍華です。



と云う訳で、
岐阜へお花見に行ってきました。
本日の目的地は、
揖斐二度ザクラ
中将姫誓願桜
信長公弓掛桜・的場桜
です。

gifu-ekimae.jpg
in岐阜

前者二か所は上様関係ありません。すみません。
上様旅を、“ついで”と云うと、降雨率が高いので、
メインイベントのつもりで出かけたのですが、
やはりついでだったので、携帯の充電がもたず、
目的地の各務原市手力雄神社へ辿りつき、
弓掛け桜を撮った直後に、スマホの電源が落ちました。
なので、的場桜の方を撮り損なったうえ、
桧皮葺の素敵な拝殿と本殿も撮れず、
ナポレオンみたいな素敵上様デザインの絵馬も撮れず・・・・・
なので、
管理人のスマホが最後の力を振り絞って撮った
tedikara-yumikake.jpg
織田信長公弓掛桜

岐阜県各務原市にあります、手力雄神社、
たぢからお、と書いて、てぢからおお、と読むそうです。
天の岩戸をこじ開けた神様ですね。
力の神様なので、勝負事にご利益があるそうで、
〇〇に勝てますように、とか、優勝できますように、
という内容の絵馬がたくさん納めてありました。
2008年の四大陸と世界選手権優勝の願かけをした
浅田の絵馬が社務所に飾ってありました。
2008年の世界選手権(イエテボリ)というと、
バトル君がついに世界チャンピオンになった記念すべき大会ですね(思い出し感涙

閑話休題。
稲葉山攻めの戦勝祈願(か、落城後)に上様が参拝なさったそうで、
境内に的場を作って競べ弓を行い、その時上様が弓を掛けたと
言われる桜が、弓掛桜、的場に植えたと言われる桜が的場桜、
として、今に伝えられています。
単純計算で樹齢400年は経っているはずなので、
今の木は2代目か3代目くらいだと思います。
ほとんど散ってしまっていましたが、綺麗な彼岸桜でした。
ただ、写真ではうまく映っていませんが、弓掛桜の方は、
主幹がぼっきりと折れてしまっていて、桜好きとしては、
見ていて痛々しいくらいの衰えぶりで、
道路と家の隙間のような狭い土地に籠められて、
なかなか大木には育ちづらいであろう環境で、
後々まで残ってくれるか大変心配な桜でもありました。
的場桜は比較的まだ良い環境で、枯れた枝が目立つ事もなく、
大切に手入れして頂きたいな、と思いました。

最寄りのバス停、手力雄神社前を降りてすぐですが、
1日に3本くらいしかないので、
岐阜駅からJRで那加駅下車(1時間に2本くらい
名鉄だと新加納か新那加下車で(1時間に4本くらい
徒歩15~20分くらいで着けます。
岐阜市にも同じ手力雄神社がありますので、弓掛が見たい方はお間違えなく。

ああ、書き忘れていましたが、
実は上様、戦勝祈願に来たのではなく、稲葉山攻略の折、
手力雄神社を焼き討ちしようとして境内に入ったところ、
突然風が吹き、霧が立ち込め、身体の自由を失って落馬したため、
「え、ちょ、ほんとごめんなさい」
と謝ったら、霧が晴れて身体が元に戻ったので、
莫大な社領を寄進した。
という話もあり、(那加に伝わる民話なのかな?
ちょっとにやにやするのも楽しいと思います(変態


手力雄神社HP→http://www.tezikarao.org/



 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/886-308a8396
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。