font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高岡瑞龍寺編 in富山


三河なのに、雪が舞って、橋が凍って通行止め。
危うく遅刻する所でした(笑)龍華です。


さて、
また書くのがのびのびになってしまいました。
10月の富山旅、瑞龍寺編です。(流石に年内に書かないと・・・

富山駅まで戻りまして、 朝ごはん食べたり、
携帯充電したり 携帯充電したり(マップ使いすぎ、、、笑)
してから 瑞龍寺に向かいました。
富山駅からJRで 高岡駅へ。鈍行で20分ぐらいです。
高岡駅で降りまして 南口に出ます。
案内板があちこちにあるので、それにしたがって
南に15分ぐらい歩くと 石畳の参道が見えます。
右折で瑞龍寺。左折で前田利長のお墓に行けます。
zuiryuji1.jpg
写真は伽藍中央の仏殿です。
その向こうに法堂がありまして、中に入って左へ進むと、
裏手の石廟の前に出られます。
zuiryuji3.jpg
左から信忠→正覚院(信長室)→上様→利家→利長の石廟です。
中に石塔がおさめられています。
zuiryuji2.jpg
(説明の看板はサムネクリックで拡大)


正覚院て誰なのかしら?と、思いましたが、
調べても分からずじまいで、すみません。
永姫(利長の嫁)のお母さんかな?
(これも調べ始めるとどつぼに嵌りそうなので退避!)
zuiryuji4.jpg
代表して上様の廟内部です。
石廟の中に石塔って珍しいよね?雪降るから??とか
思いながら、お参りさせて頂きました。
このお墓参りをしたいが為に来たのですが、
思いもよらず、伽藍自体というか建物が素晴らしくて、
資料資料vv
と、あちこち撮らせて頂きました。
一番の収穫だったのは、御台所にいらっしゃった、
韋駄天像で、ものすごいイケメン(笑)で、
彫りもたたずまいもとても素敵だったのに、
残念ながら、手前の枠に遮られて写真が撮れず・・・
また会いに来ます!!
と、思うくらい素敵な韋駄天さまでした。

さて、
では最後、例の采配(笑)編です。
が、
ちょっと岐阜の天領へ旅してくるので、
大晦日中に・・・・書けると良いな。

 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/866-3e23b1b9
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。