font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
割ったら負けよ!!(『利休にたずねよ』(映画)


あっこちゃあぁぁん!!
いい演技だった!素晴らしかった!!おめでとう!!
久しぶりにフィギュアで号泣した(感涙)
宮原は残念だったけど、いっぱい勉強してどんどん成長しておくれ!
昌磨が最終Gであんな見事な演技をしてくれるとは思いもせず、大きくなったね!!これからもがんばって!
(フィギュアの話です)


さて、
遅ればせながら、先日、
映画『利休にたずねよ』を見てきました。

利休にたずねよ (PHP文芸文庫)

伊勢谷の上様がとってもとってもカッコ良くて、
不都合な(笑)女遊びのシーンも無くて、
名物狩りの話だけでなく、ヴァリニャーニのお話も
上様にすり替え(笑)られていて、
意外と出番が多くて、ありがとうございました。

海老はやっぱりまあ海老だったので、それは置いといて、
ただ流石に所作というか身のこなしが美しくて、
画面の中でとても映えていて良かったです。
団十郎丈との共演シーンは映画を忘れて
ちょっと泣きそうになりました。

個人的に好きな女優さんというのもあるのですが、
宗恩がもう素敵で素敵で、原作とは異なった、
最後の緑釉の香合のくだりは、もう見事でした!

ところで、

本編とは話がそれるのですが、
宗易さま切腹の後に、宗恩とのかけあいで、
あの空気読んだ人は一体誰なのですか?
前半から忠興と一緒にちょいちょい出てはいたのですが、
名前も呼ばれないし(確か)、でもちょっと美味しい
ポジションだなぁ。と、思っていましたら、
まさかの最後に宗易さまの介錯にやってくるし、
そうすると、蒔田淡路だと思うのですが、
それにしては忠興と同格っぽい感じだったので、
そうすると家格が合わない気もするので、
じゃあ古織かレオンか、ジュストか・・・・
俳優さんは笠兼三さんと仰られる方のようなのですが、
ググっても役名が出てこない・・どなたかご存じの方がおられましたらお教え下さい。


あと、どうでもいい気はするのですが、
柴田を討つぞ!と秀吉勢が気勢をあげているシーンにいる
忠興にふさふさ髪の毛があるのが気になったのは管理人だけ?
本能寺の時に剃髪したんじゃ・・・別に本当に剃った訳じゃないのかな?
おまけに、幽閉したはずの玉までいる・・・・とか、
・・・ほんと、どうでも良いですな(笑

 
 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/863-fda79530
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。