font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上様小説の鬼門は土田御前


一昨日のイベントで、買わせて頂いた本ですが、
戦国大戦の本が沢山ありまして、読みながら、

・・・・・・・ど、どれが誰だか分らん(´・ω・`;)

と、勉強の必要性をひしひしと感じました。
黄色スカーフの佐々がカッコイイ。龍華です。


さて、
本日購入の書籍。
著者 : 天野純希
集英社
発売日 : 2013-11-26

天野氏といえば、『桃山ビート・トライブ』
桃山ビート・トライブ (集英社文庫)
で、初めて拝読した作家さんで、その後も
歴史小説を続々と書いていらっしゃったので、
いつか上様を書いて下さらないかな。
と、思っていたのですが、ついに来ました。
来た。けど、まだ怖くて読んでません。
だって、土田御前との関係がメインらしいのですよ。
上様小説で、土田御前がからんで素晴らしいと思った作品が今まで一度もないのです。
ていうか、むしろ、あーやってしまった・・・orz
と思って本を叩き売りたくなる確率の方が高い。
愛してもらえない残念なマザコンに堕すくらいなら、
書かないでくれ。と、何度も思ったことがあります(笑

と云う訳で、
どきどきしながら読みたいと思います。
あー、超怖い(笑

 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/856-9e306334
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。