font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神様のお引っ越し費用


昨日は伊勢神宮式年遷宮の、遷御の儀でした。
応仁の乱以来、長く滞っていた遷宮の費用を
御屋形様が寄進した話をどこかのテレビ局が
取り上げて下さって、ありがとうございました。

ただ、折角なので、
寄進を頼まれて、

上様「いくらかかるの?」

上部大夫「1000貫あれば、あとは勧進で何とかします。」

上様「えぇ?いつぞや他所の神社の造営に300貫かかる、
    って云ってたのに、結局1000貫で足らなかったから、
    とりあえず3000貫持っていきなよ。
    勧進でみんなに負担させるのもあれだし、
    足らなかったらまた言ってくれればいいから」


と仰った上様の太っ腹エピソードまで紹介してくれたら嬉しかったです(無理だろ

で、
寄進したのが天正10年で、結局上様は遷宮見られなかったんだなぁ。
と、思ったらちょっと悲しかったです。

遷宮でもうひとつ、思い出したのが、
学生時代に友人に連れて行ってもらった、津島の天王まつりで、
津島神社の社殿から、天王川へ、御神輿に乗って
スサノオノミコトが移動するところを見たのですが、
tusima10
神様は移動時、白い布で覆われる。
というのは共通なんだなぁ。と思いました。


以上、
遷宮でもなんだかんだ上様を思い出す。
という、織田オタクのお話でした。

 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/845-e0ad00b7
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。