font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと布都御魂とってくる!!


梨が美味い!!!
龍華です。



昨日こんな雑誌が発売になっているのを発見し、
デアゴスティーニ・ジャパン
発売日 : 2013-09-24
そういえば、この車、
の、上様が乗ってらっしゃったなぁ。
ゴミとか暴徒とか蹴散らしてらっしゃったなぁ。
そうか、こういう車だったのか。
と、思いました(笑


話は変わりまして、
明日、相方と那智勝浦へ旅行に行くのですが、
周辺の観光情報を見ていたら、さらっと

熊野那智大社は織田信長の焼討ちに遭い

と、書いてありまして、
あれ?御屋形様ってそんな南下してたっけ?
と、思って色々調べてみたのですが、
(雑賀か国見山が限界だと思うんだけどな)
ソースが見つけられませんで、
どうやら、熊野那智を統括していた潮崎氏と米良氏が
勢力争いをしていたところに、
熊野新宮の豪族、堀内安房守氏善が便乗して米良氏と手を組み、
それに対抗すべく、那智色川郷の清水氏と潮崎氏も手を組み、
その両軍の戦いに巻き込まれて那智大社と青岸渡寺が
焼けてしまったようなのです。
焼けたのが天正9年の4月、
堀内氏善が御屋形様から熊野新宮の本領を安堵されたのが同年2月。

関係なくはないだろうけど、
それを織田信長に焼き討ちされた、と云っていいのかしらん?

とはいっても、
青岸渡寺の記録には織田軍に焼かれた。と書いてあるそうですし、
各所のホームページを見て回っただけで、元にされたと思しき
他の資料(熊野年代記とか、堀内文書、勢州軍記)を直接調べた
訳ではないので、あれなんですが、何だかねぇ・・・

とりあえず、参拝できたら、
冤罪だ!
って心の中で叫んできます(笑
ああ、あと、
那智の滝で、高耶さんをさらう御屋形様ごっこしてきます!!
(このネタ分かる人いるかしら?表題もだけど(笑


 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/843-6d568983
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。