font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

亀岡の亀山城&本能寺で迷子 その2


車は居眠りすると大変ですが、馬は居眠り出来ていいなぁ。
と、ちょっと思いました。龍華です。


さて、続き。
聖隣寺に到着です。
20130702-4.jpg
20130702-5.jpg 20130702-6.jpg
看板はサムネクリックで拡大です。


観光地っぽくないお寺さんとかに行った時に、
いつも悩む所なのですが、写真の通り、
門に柵がとりつけてありまして、入って良いのか聞こうにも、
インターホンは見当たらないし、かと言って、
電話でアポを取る根性もないので、今回は隣の戸が開いていたので
お邪魔させて頂きましたが、今更ですが入って良かったのかな・・・
不法侵入になっていたらすみません。
20130702-7.jpg
門をくぐるとこんな感じです。
この右手の白壁の向こう側が墓地になっていまして、
さらにその奥の1段高くなったところに御屋形様のお墓があります。
特に、こちら信長公墓所。みたいな案内板はありませんが、
ひとりだけやけに古めかしい墓石なので分かりやすいと思います。

20130702-8.jpg
立てかけてある卒塔婆の日付が先月の2日だったので、
ちゃんと供養して下さっている方がおられてホッとしました(笑

天王山で光秀が敗走した後、亀山城には秀吉騎下の武将が
入れ替わり立ち替わり入城したそうなのですが、
そのうちの一人に、秀吉の養子になった御屋形様の四男
於次丸(羽柴秀勝)がおりまして、その時に建てたお墓だそうです。
墓石に総見院殿云々と彫ってあるそうなのですが、
素人目には読めないくらいの風化加減でした(汗
本能寺を襲った軍勢がここから発したのを考えると、
御屋形様のお墓があるのは何とも感慨深いものがあります。
ちなみに、同じくJR亀岡駅からバスで30分くらいの
谷性寺(こくしょうじ)というお寺さんには、光秀の首塚もあります。

余談ですが、こちらの墓石に供えられていた御湯飲み。
20130702-9.jpg
・・・・・・・・・・・・見たことある。
と、思いましたら、近江八幡市の西光寺の御屋形様のお墓にも
このお湯のみありました。
ということは、あるファンの方が各地の御屋形様の
お墓参りをしてはお供えして行かれたのでしょう。
まだ行ったことのないお墓が幾つもあるので、
またその行った先でこのお湯のみに会えたらいいなぁ。


余談ついでに、聖隣寺へ行く途中で見つけた看板に、
管理人は図星を突かれました。
20130702-10.jpg
何屋さんなのか分からなかったのですが、
信長受け推奨管理人のための看板だと思いました(笑


あああ、こんなオチですみません。
オチついでに、表題の本能寺で迷子。というのは、
この後、京都駅へ戻って、先月本能寺跡にオープンした
信長茶寮というお店へ行こうとしたのですが、
本能寺小学校跡地の周りをぐるぐるしても一向に見つけられず、
周辺を散々うろうろした結果、実は道がもう一本南蛮寺側で、
地図見て悩んでいたら、交番のお巡りさんが声かけて下さって、
ようやく辿りついた、と思ったら、定休日だった。
という、ものすごい恥ずかしいオチが待っていたのでした。
お巡りさんに信長茶寮への道を聞くとか、
どんだけ迷惑なんだ、この歴女は!!(滝汗

お巡りさんありがとうございました。
行ったことがあるところだからと、下調べを怠るべからず。
無油断!無油断!!

おそまつさまでした。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/828-4ce419e0
この記事へのトラックバック