font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は織部&ジュスト(私は利休3巻



やぁぁぁぁきゅうぅぅぅぅぅぅ(怒

何とか残業を切り上げて、放送開始5分前に
テレビの前に滑り込んだと云うのに、
WBC延長のおかげでシェフの最終回が1週間延びた・・・orz
リアルにテレビの前でくずおれました(涙
まぁいいか。楽しみが1週間延びたと思えば。


と云う訳で、
昨日購入の漫画。
集英社
発売日:2013-03-08
宗易さま転生漫画3巻出ました!
宗易さまの生まれ変わりのはずなんだけど、
自覚のない平凡サラリーマンだった田中芳郎くん。
山上流家元の山上宗刻のお弟子になって
茶道を勉強し始めた田中君は徐々に天才の片鱗を見せはじめましたが・・・

3巻は、古田織部と高山右近が出てきました。
此の二人は完全に生まれ変わりの自覚も記憶も持っていて
宗匠との再開を涙を流して喜んでいるのに、
ぽかーんとしている田中くん(笑
神父様なジュストも良かったですが、
オネエ系工業デザイナーの古織が可愛くてたまりません。
くねくねしてるし、変なポーズ取るし、おちつけ左介!!(笑
田中君の存在を危険視しはじめた某流派の重鎮から
圧力をかけられている宗刻の苦悩も知らずに、
3人できゃっきゃうふふと茶室作ったり花入れ作ったりしてました(酷
お目当ての上様は(いや、まだ御屋形様と断言していいか分からないのですが)そんな3人にちょいちょい絡んでは、美味しいお茶を入れるおじいちゃんを紹介したり、越前ガニおごってくれたりしてました。
でもなにやら企んでる感があるので続きが楽しみです。

はじめての田中君のお茶会に、ヘリで乗り付けた
仙人のような風貌をした老人の正体とは・・・・・・!!!


もう一冊。
 御屋形様の双子の妹が、御屋形様が暗殺されちゃったので、
代わりに天下統一するよ漫画の最終巻出ました。

色々途中をすっ飛ばして無理やり終わらせた感満載でしたが、
賢明な判断だったと正直思いました。
戦をしないで天下を統一するんだ。と綺麗事云って頑張ってる
ヒロインを健気に思った男性陣が応援して、
それでも辛そうなヒロインを信長役から解放するために
本能寺の変勃発。
という、戦国アンジェリークと女信長を足して2で割って更に100引いたような漫画でした。(いや、でも、ちゃんとヒロインは幸せになってくれて、そこは良かった。


 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/799-78daab1f
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。