font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

嗚呼 惜かな(『大日本名将鑑』


ひきつづき青室フィーバー中。龍華です。
(まさか戦メリ以外の生ものに転ぶとは・・・
もう数カ月は起き上がれない気がします。すみません。


と云う訳で、
一応ちょっとでも織田に戻ってこようと努力はしているので、
昨日購入の本たち。
アスキー・メディアワークス
発売日:2012-10

アスキー・メディアワークス
発売日:2012-10


単行本化ありがとうーーーーーーーー!!!
御覧になられたことがあると思いますが、本能寺の変の浮世絵で、
御屋形様が横顔で弓を振り上げている絵、
が、『大日本名将鑑』に収録。
武者無類シリーズではないのですが、
新形三十六怪撰シリーズの、
蘭丸が夜な夜な鳴く蘇鉄を調べる浮世絵が『武者無類』に収録。でした。
個人的には蘭ちゃんも入れてくれてうれしいのですが、
名将鑑がちゃんと全51枚完全収録してくれたのだから、
武者無類もちゃんと芳年武者無類シリーズ全32枚完全収録してほしかった(贅沢
構図の鬼。惚れ惚れします。

ああ、本日の表題は、名将鑑の上様の詞書の最後。
他の絵は、淡々と「享年〇〇歳」とかで終わっているのに、
御屋形様だけ、その後に「嗚呼(ああ)惜(おしい)かな」
と、書いてありまして、この詞書を書いた人は、きっと、
織田ファンに違いないと思ったのでした。


講談社
発売日:2012-10-05
講談社
発売日:2012-10-05
センゴク天正記15巻、天目山にて終了。
センゴク一統記に突入です。
このセンゴクシリーズも8年目にしてついに
上様のターン終了が見えて参りました。
一統記自体はまだまだ続くと思うけれど、
管理人的には、あと数冊で終わっちゃうんだろうなぁ。
あぁ、最後のコマの光秀の目の暗さがほんと腹立つわ(笑
最近、上様の隣に居るのが堀久ばっかりで、
蘭ちゃんのらの字も出ないんですが、最後くらいは出てくれるかな。
と云う訳で、一統記第二巻は来春。


御屋形様が、今川の刺客に殺されてしまったので、
双子の妹が御屋形様の振りしてがんばってるよ漫画、
3巻出ました。
原作が広井王子だから仕方がないのかもしれないけれど、
すげーなこの展開(棒読み
長政ちゃんが甘っちょろい事云って浅井と同盟。
みっちー登場で、舅殿が義龍に殺されちゃいました。
あれ、おかしいな、この前桶狭間で勝ったよね?
何で舅殿生きてるの?
次巻は毛利輝元が絡んでくるらしいよ・・・・・・・。

信奈前半の奇蹟のようなつじつま合わせを
見習うべきなんじゃないか?これ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/765-4e5c58a4
この記事へのトラックバック