font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

やっと兼一のターン



上様の命日もみっちーの命日もスルーして、
原稿頑張ったので、何とか間にあいました。

と云う訳で、業務連絡。

明日、6月17日、恐惶謹言十二鼓
スペースNo.『G-46』です。
龍王完結編がご用意できていると思います。
まあ、相変わらずのぽかーんなオチですが、よろしければ見届けてやって下さい。



さて、
原稿も終わったので、我慢していた本とか、
やっと買ってきました。
角川書店
発売日:2012-06-01
うわぁ、凹みそうなタイトル・・・
と思いながら、毎日職場で眺めていましたが、
やっと買った!でも睡魔に負けてまだ読んでません(汗
山本兼一氏の書く御屋形様がカッコよくないはずがない!!
いつも、あまり期待しすぎないように自戒してはいますが、
兼一氏ですよ!wktkせずにおられようか!!!
もう読まれた方、如何でしたか??


4月の新刊が気付いた時には売り切れてたので、
発注したのに、職場に入荷してきたのが6月という・・・
重版する気がないのか、売れすぎて重版がおっつかないのか・・・
とりあえず、ようやく入手しました。
自衛隊員が戦国時代にタイムスリップして、
ひょんなことから助けた織田信長のもとで働くことに。
というお話らしいです。
作者の柳内たくみさんと云う方の前作
『ゲート 自衛隊彼の地にって斯く戦えり』シリーズが
なかなか売れていたので、面白い作家さんなんだろうな、
と思いながらちょっと読みはじめました。
前職が自衛隊員だっただけあって、重火器の説明がマニアック(笑
主人公が佐々隊に編入されるらしいので、佐々ファンの方是非。
ラノベっぽいので、ガチガチの時代小説が好きな方は退避!

ちなみに、2巻本能寺編が、7月3日に発売予定です。



さて、録りたまった戦国鍋とタイムスクープハンターの録画でも見てこようかな。
っと!!
その前に『信長のシェフ』の4巻買ってくる!!(脱兎

 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/745-788a27d6
この記事へのトラックバック