font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

天童→会津若松→三春→名古屋 その2


前回記事で、三宝寺に何故、五三の桐なのかな?
と、書きました所、六花様にコメントを頂きました。
(ありがとうございます!!!

織田家は江戸時代に4つ藩として残ったのですが、
(超初期につぶれてしまった藩もあるそうですが
江戸城内で持ち物の区別がつくように、皆が木瓜を使うのでなく、
木瓜・揚羽蝶・藤・桐紋を藩で使い分けていたそうです。
それで、天童藩は五三の桐紋なのではないでしょうか。

とのこと!!
すごい!!何て面白いエピソード!!!
「ちょっと、その木瓜の提灯、うちの藩のですよ?」
「え、うちの藩も木瓜ですよ?」
『・・・・・・・』
という会話を避けるために、そんな工夫が(違
と云う訳で、
どの藩がどの紋だったのか気になったので調べてみたのですが、
調べ方が悪いのか、分からずじまい・・・
『新訂寛政重修諸家譜』で見てみても、
家紋は書いてあるけど、窠・揚羽蝶・桐・引両筋とかが
順番に書いてあるだけで、どれが定紋でどれが替紋か書いてなく、
(確かに、順番は各藩で違うけど、どこもほぼ先頭が窠、次が揚羽
菩提寺に何かヒントが?と思ったのですが、
信雄系
四男・信良 上野小幡藩→出羽高畠藩→出羽天童藩
五男・高長 大和宇陀松山藩→丹波柏原藩 奈良県宇陀市松山 菩提寺徳源寺は木瓜の幕
丹波柏原の徳源寺は明治期に廃寺 位牌は成徳寺に(紋は不明

長益系
四男・長政 大和芝村藩 揚羽? 奈良県桜井市芝村 廣田寺 墓石?木瓜
五男・尚長 大和柳本藩 奈良県天理市 專行院は木瓜の幕

・・・・・・・・・分からない・・・・(汗
こういうとき、ちゃんと歴史系の大学で勉強したくなりますね。
何か情報を手に入れたらまた書きたいと思います。

ではとりあえず、
天童の旅に戻ります。



三宝寺の次は、建勲神社です。
駅から三宝寺方面へ南下している途中の交差点で、
↓白というかシルバーの鳥居が見えます。その先です。
kenkun-torii.jpg
すると、長い階段が立ちはだかります。(たぶん122段
インドア派管理人にはきつい・・・
ですが、安土城に比べたら大したことはない、と思って頑張ります。
kenkun-kaidan.jpg

到着です。

kenkun-honden.jpg

こちらの本殿、中に入れます。
ちゃんと、入って良いよ。って書いてあるのです。
管理人の様なチキンには大変ありがたい(感涙
撮って良いのか分からなかったので、
中の写真はありません。すみません。
中央にご神体?の鏡がありまして、両脇に肖像が掛けられていて、
(宣教師画と永徳画の模写っぽい熊谷藻川筆の肖像)
あと、社殿の中をぐるりと甲冑が飾ってあります。

本殿の左側に社務所がありまして、お守りなどが買えます。
ご朱印をいただきに行きましたら、声をかけさせていただいた
男性の方が宮司さんで、色々お話をさせていただきました。
毎年5月3日に、天童つつじ祭り、というお祭りがありまして、
建勲神社のある舞鶴山は、沢山のつつじが植えられていて、
たいそう綺麗だそうです。(私が行った時はギリ蕾・・・涙
その時に、建勲神社例大祭として、御神輿や甲冑行列(これは戊辰戦争系の行列らしいです)が出て、神社への奉納が行われます。
これとは別で、6月2日にお祭りを企画していらっしゃるとかで、
祝詞や舞楽の奉納と、お酒やお食事が振舞われる予定。とのこと。
お邪魔した時も、何やらその関係者の方々との連絡で、大変お忙しそうでした。(本当にお邪魔ですみません・・・汗
ただ、そのお祭りの情報が検索しても出てこないのですが、
宮司様、どこ探したら良いですか・・・(去年の430年祭のはありました
こうなると3日だったかも・・・と不安になったり(汗
遠いので一念発起で行くぞ!!と云う方は、お祭りの日を
狙ってみてはいかがでしょうか。
平日突撃が基本の管理人みたいに、貸し切りなのも良いですが(笑
kennkunn-goseinsen.jpg
帰りしな、折角遠くから来られたんだから、と、
御神饌(こんぺいとう)と「夢信長」ワインを頂いてしまいました。
ぎゃああああ、ありがとうございます!!!
オタクにはたまらない、このチョイス。素敵すぎですvv
建勲神社はお神酒が赤ワインだそうです!!
上様とお揃い!と、帰宅してから頂きました。
が、管理人は最上級の下戸なので、美味しさが分からない。
という残念なことになったのは、宮司さんには内緒でお願いします(汗


その3。
は、ちょっと脱線して、鶴ちゃんのお墓参りです。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/737-1e11bb1f
この記事へのトラックバック