font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

殿ってわりとニブイですね


ニコ初優勝おめでとう!!!
BSでしか放送しなくなった途端に優勝とか・・・
皇帝の復活優勝も見たいので、がんばれメルセデス!!
BS入ろうかまだ悩んでる、龍華です。(F1の話です


さて、
折角、尾張で恐惶謹言(イベント)があったというのに、
新刊もペーパーも用意せず、あめゾウの皆さんと楽しく
喋ってきただけ。という、原稿の描かなさ加減で申し訳ありません。
と云う訳で、
今日も元気に本の紹介です。
河村 恵利
秋田書店
発売日:2012-04-16
時代物の読みきり漫画を多く描いていらっしゃる
河村恵利氏の上様関連のお話を集めた再録本です。
再録なので、新作はなくてちょっと残念でしたが、
読んだことあるのに、乱ちゃんのお話の本能寺の件とか
泣きそうになりながら懐かしく拝見しました。
サイトの漫画一覧にタイトルだけは載せてあるのですが、
良い機会なので、河村氏の御屋形様関連の作品のまとめを
しておきたいと思います。

時代ロマンシリーズとして単行本化
『五徳春秋』
   五徳春秋
   咲くやこの花
   夢路さそい
   花散る里
『恋ひわたりの・・・』
   恋ひわたりの・・・
   火の波
『夢の浮橋』
   帷子の舞
『淡つ江御寮』
   淡つ江御寮
『かがり火百万石』
   かがり火百万石
   夜半の嵐

主役級のものから、数コマしか出ないものまで
色々ありますし、私も全部のシリーズを読んで
チェックした訳ではないので、漏れがあるかもしれません。
昨日発売の『帷子の舞』には
「咲くやこの花」(上様・濃姫様)
「恋ひわたりの・・・」(勝三郎・信行室)
「火の波」(三好義継・義継室)
「花散る里」(氏郷・冬姫)
「帷子の舞」(蘭丸・茶々)
「異聞 紅葉狩」(長可・山の神)
「かがり火百万石」(利家室)
の7作が収録されています。
異聞紅葉狩は、長可兄さんのお話なのですが、上様の登場はなしです。
なら、上様出ないけど、佐々と早百合の「花の道行」も入れて欲しかったなぁ。
と、佐々びいきの管理人としては思ってしまう今日この頃であります。
いくつか読んだことのある方は別ですが、
全く未読の女子の方にはちょっとおススメしたい本です。
とりあえず、冒頭のもろ肌脱ぎの美麗上様に目を点にし、
中盤の、光秀と夫婦漫才を繰り広げる上様ににやにやし、
直後の乱丸無双&本能寺で是非凹んで頂きたい。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/733-8f73fa6e
この記事へのトラックバック