font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
首塚参りに行ったら→春の嵐


ゆづる君の銅メダルに小躍りしながら、
ちょっと静岡に行ってきました。龍華です。


と云う訳で、
一昨日、静岡県の西山本門寺に行ってきました。
honmonji1-.jpg
昨日長野へ出張がありまして、ただ出張してはなるものか、と、
前日の移動日を利用して、お出かけすることにした管理人。

今回の目的地は、西山本門寺。

そう、御屋形様の首塚があるというお寺です。
本因坊日海の指示で、原宗安が本能寺から御屋形様の首を持ち出し、
この地に埋めたと云うお話が伝わっています。
今どきの言葉で言うところの、墓参らー(信長限定)の管理人が、
いつか行ってみたいと思っていたお墓(塚)のひとつです。
さて、
尾張→静岡→甲府経由→長野
という計画を立てたのはいいのですが、この西山本門寺さん、
最寄りのJR身延線芝川駅から5kmほどの距離にあります。
バスは通っているのですが、芝川駅と富士宮駅発の
朝夕2本ずつのみ。といういきなりのハードルの高さで、
管理人的、“公共交通機関では行ってはいけない史跡”
その2に認定されました。(ちなみに、その1は高遠城址
まあでも、とりあえず、
バスがなければ、タクシーか、最悪歩くか!と覚悟して、
電車に乗って富士宮駅まで行き、富士宮駅発の朝のバスで
本門寺へ向かいました。
乗りましたバスは、芝川バスと云いまして、コミュニティバスみたいな感じで、どこまで乗っても均一200円。
西山黒門前というバス停で降りますと、上の写真の門まですぐです。
ただ、
黒門からの参道が長い&階段がきついので(徒歩15~20分
もう二つ先の小三沢というバス停で降りると、本堂まで徒歩5~8分。
honmonji2.jpg
(広い&立派な参道。この先がまた長いんだ・・・・(笑
朝、バスに乗ったのが管理人一人だけ。という、貸し切り状態で、
運転手さんが、黒門だとまだ遠いから、小三沢の方がいいよ、
と、教えて下さった上に、お客さんひとりだけだし、と仰って、
坂を登った本当に入口のど真ん前で降ろして下さいました。
ありがとうございました!!!
ああ、今日は良い日だなぁ・・・
と、てくてく歩いているとすぐ本堂が見えてきました。
honmonji3.jpg
ちなみに、本堂を通り過ぎて更に参道を真っ直ぐ行くと、
昔の本堂・開山堂・御影堂の跡があり、その奥に、
日蓮・日興・日代上人のお墓があります。これはちょっと壮観でした。
写真の大きな二本の木は銀杏の木で、紅葉を迎える11月には
『織田信長公 黄葉まつり』というお祭りが寺内で行われます。
武者行列と火縄銃の演武があるそうです。
毎年4月18日には法要もあるそうですので、行くならどちらかが良いでしょう。
honmonji4.jpg
この日は貫主様が御留守だったそうで、本堂は閉まっていたのですが、
ちょうど、寺内のお掃除にいらしていた地元の奥さまが、
開けて下さって、中に入らせて頂きました。
(堂内は撮影禁止だったので、あしからず。
その方に寺内の案内をしていただいたのですが、
本堂にすえてある座像が日興さんだったか、日代さんっだったか
思い出せないという体たらくで、大変申し訳ありません(汗
さて、
この本堂の裏手に、目的の信長公の首塚があります。
honmonji5.jpg
庫裏の横手に、信成君が植えた首塚の大柊の2代目がありました。
(ひざの怪我が早く治りますように!
二代目の横を通り過ぎると、案内板と小さな池が見えてきます。
その上が信長公の首塚です。
honmonji6.jpg
↑池と首塚横の御宝蔵。
↓こちらが首塚に植えられた柊。(画質悪くてごめんなさい。
honmonji7.jpg
こちらの柊、首塚を立てた時に植えられたものだとかで、
推定樹齢400~500年。
あちこち折れて今はだいぶ小ぢんまりしてしまっていますが、
お寺の案内の冊子には、枝葉が生い茂った昔の写真が載っていまして、
大柊と云うにふさわしい樹勢がしのばれました。
honmonji8.jpg
今はこんなかんじ。
あいにくの空模様でしたが、山桜が綺麗に咲いていて、
大変良い風情でした。

さて、帰ろうかな。
(というか、長野へ移動しようかな)と、本堂の方へ戻ってくると、
先ほどのお掃除をされてた奥さまが声をかけて下さって、
もうすぐ終わるので、駅まで送っていきますよ。
と仰って下さり、ずうずうしくもお言葉に甘えさせて頂きました。
こんなただのミーハーオタクにご親切にして下さってm(_ _;)m
本当にありがとうございます!!!

この日は台風並みの低気圧が通過するとかで、
お参りの途中で早くも降り出してきてしまったのですが、
芝川の駅で奥さまとお別れして電車を待っていると、
更にざーというか、ゴーと云う感じで降ってきました。
すると、
大雨洪水警報のため、身延線は西富士宮から身延駅の間を
運休しております。との構内放送が流れました。

・・・・・芝川、どんぴしゃ運休区間内です・・・・

復旧を待とうかとも思ったのですが、携帯で調べると、
夕方までの特急列車が全部運休決定になっていたので、
諦めてタクシーで富士宮駅まで行き、静岡まで戻り、
更に名古屋へ戻って、岐阜経由でなんとかその日中に長野へ辿りつきました。
なかなか大変でしたが、日本史上最強の雨男の首塚参りに
行ったのですから、雨くらい降るだろうし、
運転手さんや奥さまのご親切に出会えた喜びに比べれば、瑣末瑣末。
と云う訳で、大変ありがたい首塚参りになりました。
ありがとうございました。
コメント
この記事へのコメント
最強の
雨男‥‥なるほどー!なら納得です(笑)
2012/04/05(木) 15:48:48 | URL | ちあき #-[ 編集]
梅雨将軍だから仕方ない
晴れればラッキー。
降れば御屋形様の祝福。
ものは云いよう、考えよう(笑

ただ、一人旅の時はいいですけど、
お祭り系は晴れてほしいですよね(笑
2012/04/07(土) 03:07:57 | URL | 龍華成(管理人) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/731-9a856c0b
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。