font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

妙心寺玉鳳院へお墓参り


雪の中、折角撮った明智風呂の写真(外観)を
うっかり消してしまい、凹み中。龍華です。


と云う訳で、
京都の妙心寺玉鳳院へお墓参りに行ってきました。
SBCA0237.jpg
『京の冬の旅』の企画で5年ぶり(たぶん)に一般公開された
妙心寺玉鳳院。
京都市内にある御屋形様のお墓5つ(建仁寺の供養塔はのぞくらしい)
のうち、まだ行ったことのない最後の一か所でした。
・・・というか、本能寺・大徳寺総見院・阿弥陀寺・大雲院・妙心寺玉鳳院以外にあったらすみません。
折角暖かくなってきたなと思ったら、寒の戻りというか、
雪の舞う中のお墓参りになりました。

妙心寺は境内は拝観無料。
戦国関係だと、明智風呂が狩野探幽の龍の天井画とセットで
500円で見ることが出来ます。(ただし、ガイドさんと一緒に
今回は、家康公が建てた三門にも上がれましたので、
狩野派の天井画と、観音菩薩&十六羅漢(こちらは作者分からないそうです
も見ることができました。
1599年創建なので、康清を調べている者としては、
仏像の作者さん知りたかったです・・・(涙

さて、本題の玉鳳院。
SBCA02361.jpg
花園天皇が何とかで、神聖な場所なので写真撮影はご遠慮ください。
とのことで、写真はありません。すみません。
動画があったので、こちらを御覧ください。
読売オンライン→http://www.yomiuri.co.jp/stream/m_news/vn120119_1.htm
(日数が経って消えていたら、ごめんなさい。
方丈にご位牌があって、遠くから見えたのですが、
何個も並んでいて、どれがどれだか分からずじまい・・・
一番大きなご位牌が秀吉ので、その左側にあったのじゃないかな、と思いましたが、果たして・・・
方丈のおとなりに、開山堂がありまして、その裏手に御屋形様のお墓があります。
信忠のと一緒にならんでいて、すぐ右側に武田家のお墓もあります。
信玄公と、勝頼、信勝、信豊だったかな?
元々、妙心寺内に大雲院という塔頭があって、そこにお墓があったのですが、
大雲院が廃寺になってしまったので、玉鳳院でお預かりすることになったとか。
お墓をたてたのは、滝川一益だそうです。・・・大雲院も一益かな?
静かなところにお休みになっておられるようで何だか嬉しかったです。
お邪魔してすみませんでした(汗
でも、また機会があったらお伺いします!(迷惑な奴・・・
コメント
この記事へのコメント
管理人さんへ
高野山奥の院の道中にも信長のお墓があるのをご存知無いでしょうか。
2012/10/04(木) 19:17:08 | URL | 桜三里 #Z0E8oYv.[ 編集]
奥の院
桜三里様
はじめまして。管理人の龍華と申します。
先月高野山へ行って参りましたが、
奥の院弘法大師御廟の手前、橋の左手側にあった供養塔のことでしょうか。
いつ頃何方がたてて下さったのか知らずにお参りして参りましたが、何か御存じでいらっしゃいますか?
2012/10/06(土) 21:54:14 | URL | 龍華成(管理人) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/724-31ac873f
この記事へのトラックバック