font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

家康公の顎鬚がせくすぃー



皆さま、いよいよ明日は、蘭丸まつり当日です。
え?名古屋まつりじゃないかって?
違いますよ!岐阜兼山の若獅子蘭丸2011です。



ここ数年、毎年参加の応募をしていたのですが、
今年は秋の野暮用が多くて、休みが取れるか
分からなかったので、応募していなかったら、
主催者様からご心配?のメールを頂いてしまいました。
き、恐縮です!!(滝汗
無事休みが取れたので、お邪魔します!
今日も今日とて深夜まで仕事の予定ですが、
原稿も碌に進んじゃいませんが、お邪魔します!!
関係者でもない、ただの参加者にこのお気づかい・・・
惚れてまうやろー!!≡*´Д`)ノ
と云う訳で、皆さま週末はぜひ岐阜兼山へ。

公式HP→http://www5.ocn.ne.jp/~shiraki/


追加で、昨日購入のまんが。
梶川 卓郎,西村 ミツル
芳文社
発売日:2011-10-14
ドリフの数に比べればあれなのですが、
1巻に比べて、驚きの初回配本数の増加で、
ニヤニヤが止まりません(変態
戦国時代へタイムスリップ&一部記憶喪失の
現代人のシェフが、信長のお抱え料理人となって、
信長が次々と吹っ掛けてくる難題を、見事な発想と
料理の腕で乗り越えていく(たぶん)、というこの漫画。

面白いよね、この漫画。面白いと思うのですよ。
何か、塩辛いもの与えておけばいいんじゃないか
的な印象の御屋形様が、料理おいしいとか、
またこれは新しいジャンルの萌えだと思うのですよ。
(お前だけだよ
いや、本当は正しく政治利用なのでしょうが、
そこに徹しきれてない感のある上様が好きですvv

本誌でも、連載再開で、
これでまた毎週の楽しみができました。
ああ、でも、そろそろ森パパが死んじゃいそうで、すでに泣きそう・・・(涙


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/688-966ecb95
この記事へのトラックバック