font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本史史料集の表紙が安土城だった人( ´ ▽ ` )ノ


戦国無双3のエンパイアーズが8月に発売だそうで、
新規ゲームは皆PS3に移行してしまってますね。
早く昔の無双シリーズをアーカイブスで配信してほしい、龍華です。
(本命は決戦3なんですけどね


さて、
中見てから、と思ってチェックし忘れていた本を買いました。
藤井尚夫
学習研究社
発売日:2011-05-31
歴史好きなら一度は見たことがあると思うのですが、
戦場や城を鳥瞰図で、綺麗な水彩画で描いてある復元画。
個人的には、高校の日本史史料集の表紙が、この方の描かれた
安土城だったので、昔から好きだったのですが、
それをまとめた本が出ました。
てっきり絵描きさんだと思っていたのですが、中の文章までご自分で書かれていて、立派な研究者さんだったのを初めて知りました(すみません
『藤井戦国史』というサイトを運営しておられますので、
良かった検索してみて下さい。
どうでもいいですが、
本の中の同盟関係の図のハートマークがやけにかわいくて、
斎藤道三❤織田信長 とかが、可愛くて仕方なかったです。


次。
これまたちあきさんに教えて頂いたのですが、
おまけに、22日に次の号が出てしまうので申し訳ないのですが、
『スーパージャンプ 13号
 2011年6月22日号』
発売日:2011-06-08
以前、宮下あきら氏の服部半蔵の読み切りが
掲載されたのを記事にしたと思うのですが、
(半蔵が御屋形様のマゲを取ってくる話)
その続きが、これまた読み切りで載っていました。
マゲを斬られて怒った御屋形様が、半蔵へ秀吉を討っ手として差し向けるのですが、半蔵が見事返り討ちにする話でした。
前回助けた家康公が半蔵にくっついていっていたのを、
秀吉が人質にして半蔵が窮地に陥るのですが、
家康公の決死の行動で見事に脱するのです。
この家康公は感動する。格好はすごいことになってるけど。
よかったら本屋かコンビニで読んでみて下さい。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/671-4a1651bd
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。