font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日も日本は平和です(本能寺なう


信長関連の書籍を検索したことのある人なら、
一度は見たことのある名前。信長貴富さん。
合唱の楽譜が検索でひっかかってくるんですよね。
昨日、NHKで初めて見ました。普通の爽やかなお兄さんでした。
何を期待していたのか、自分・・・龍華です。


と云う訳で、ここ最近の上様ニュースまとめ。
(ほぼちあきさんから教えてもらったのです。ありがとうございます!


まず、

“ツイッターで本能寺なう”

5月の御屋形様お誕生日のあたりから、ツイッター上で、
光秀や御屋形様、乱ちゃんの名をもつユーザーが現れて、
つぶやきで本能寺フラグを立てまくり、
6月2日にリアルタイムで本能寺の変が勃発していたそうです。
こちらのサイトでつぶやきがまとめてありますので、
冗談の分かる方は是非ご覧ください。面白いですv
本能寺なう→http://togetter.com/li/143202
本能寺明けて→http://togetter.com/li/143566


ねくすと。

“永徳筆の信長の肖像画、

 秀吉が地味に描き直させる?”


大徳寺所蔵の、狩野永徳筆の御屋形様の肖像画。
くすんだ水色の小袖に、柿渋の肩衣の面長な肖像画ですね。
肩衣の背中の方の布はどこいったんだ!
と、つっこみたくなるあの肖像です。
調べた所、絵の具の下から、別の色の絵の具が見つかったそうです。
表の色を鮮やかに見せる為の、裏彩色、という技法らしいのですが、
しかし、あまりに色が違いすぎるために、これは秀吉の横槍で、
描き直させられたんじゃないか、という話になっているそうな。
小袖が片身替わりの萌黄と薄茶、小袖の桐の文様は
もう少し大きくて、刀は大小2本、お髭は上にピンと
はねていたんだそうな。
画像を見る限り、袖の下は白の段替わりになっているんじゃないかな、と思います。
肩衣の布が無いのは、永徳の秘かな抵抗だったのかな、
と、妄想してみたり(笑

画像つきの記事→http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20110606-OYT1T00700.htm
(日数が経つと記事ごと消えますので、消えてたらすみません



さいご、
おつかいを頼まれて、初めて知ったのですが、
郵便局で、ご当地フォルムカード、というのが発売されています。
公式HP→http://www.postacollect.com/gotochi/index.html

各地の名産品、観光名所などなどが、葉書になってるんですね。
で、
愛知県の第三弾、フォルムカードがなんと!
201106041224000.jpg
上様でしたvv
こ・・・これは・・・何と云う俺得アイテム(笑
と云う訳で、愛知県在住で、かつ、信長スキーさんが
お知り合いにおられる方は、是非、暑中見舞いに使ってあげて下さい。
1枚180円です。切手は別途必要。
あと、ネット通販していないようなので、どうしても欲しい!という
遠隔地の方は、管理人に連絡下さればお使いしますので、遠慮なく。

コメント
この記事へのコメント
秀吉の陰謀!?
お久しぶりです。
桜ふぶきです。

「永徳筆の信長の肖像画、
 秀吉が地味に描き直させる?」の件。
この肖像画に関しては、私は顔にも秀吉の意志が加えられているのではないかと密かに思っています。
顔の色が浅黒く、しかもしわが多くて、髪も薄い。
とても49歳には見えません。
信長の容貌にいつも嫉妬していた秀吉が、狩野永徳に「老け顔に描け」と命じていたのではないかと・・・。
(史料的な裏付けは一切ありませんのであしからず・・・。)
私の中の殿はあくまで司馬遼太郎氏が表現されたような「尾張一のすずやかな美男」なので(#^.^#)

それと愛知県の郵便局さん、やってくれますねぇ\(^O^)/
秀吉さんや家康さんも愛知県出身なのに、先陣を切って我が殿をご指名くださるとは・・・・!
嬉しいこと限りなし!です。
「岐阜県に取られる前に・・・」と思ったのかも(笑)
2011/06/12(日) 18:55:05 | URL | 桜 ふぶき #-[ 編集]
永徳散々ですね(涙
桜ふぶきさま こんにちは!

秀吉が御屋形様のお姿に嫉妬!!
ツボに入りました!その設定素晴らしいです!
誰か小説か漫画にしてほしい。
それにしても、パトロンあっての芸術家とはいえ、
永徳が可哀そうになってきました。
こうなると、他の肖像画もどれくらい口出しされているのか気になるところですね。

フォルムカード、三英傑トップバッターはうれしいのですが、
金シャチ・天むすの次、っていうのがちょっと複雑な気分です(笑
2011/06/13(月) 13:08:13 | URL | 龍華成(管理人) #-[ 編集]
追い越せぬものなら
お市は信長と同腹の妹という説があります。
信長の死後のお市と娘三姉妹の政治的境遇を考えると、私も同腹ではないかと思っています。(願望込)
歳が離れすぎているという見方もありますが、信長と市の間には3人の弟がいるので、5人兄弟の一番上と一番下と考えると、このくらいの歳の差はちっとも不自然ではありません。
で、同腹の妹が「戦国一の美女」で、同腹の弟秀孝は「信長公記」で「容顔美麗人にすぐれて、いつくしき共中々たとへにも及び難き御方様なり。」と記されるほどの美貌だったので、その兄貴がイケメンでないわけがない!(断言)
以下妄想。
秀吉は「御屋形さまは何でも持っておられる」と羨望し、信長の死後、何かにつけて比較されるたびに「嫉妬」したのではないかと・・・。
「追いかけても、追いかけても、追いつかない・・・・」
と思うと秀吉も哀れです。

うーん、この発想、ホントに誰か小説か漫画にしてくれないかしらん( ̄▽ ̄)

肖像画だけでなく、「信長公記」や総見院・妙心寺などの寺社の記録等にも口出ししている可能性はありますね。


いえいえ、ういろうや、きしめんより先でよかったです。(*^-^*)

2011/06/14(火) 11:28:44 | URL | 桜 ふぶき #-[ 編集]
喜六郎どんだけ美男なん?
ああ、この発想ほんとに良いですね。
鈴木輝一郎氏なんか小説にしてくれたら、とっても上手く書いて下さる気がするんですけどね(願望
本能寺後の秀吉ってどうしても好きになれないんですが、
こんな秀吉なら憎からず思えるかも知れません。
ま、でも勝者の特権とは云え、史書等に口出しはダメですよね(笑
2011/06/18(土) 11:32:59 | URL | 龍華成(管理人) #-[ 編集]
自分も信長ファンです。
いろいろな信長像がありますね。それだけ、強烈な印象がする男だと思います。
ところで、最近電子書籍で発売された『信長の天下布武物語』は、従来の信長像とは全く違って、リアリティがありますよ。
まだ、2巻ですが全5巻になる長編だそうです。最新の史実に基づいて書かれていて、信長が光秀に語りかけるという形式もなかなか面白いものでした。
第3巻『信長包囲網』は近日発売だそうです。自分は期待しています。 ブログは、
http://book.geocities.jp/booksnozomi/ です。ご参考までに。
2011/06/28(火) 00:41:30 | URL | 上田稔 #-[ 編集]
上田様

初めまして。管理人の龍華と申します。
最近は電子書籍もぞくぞくと発刊されていて、ただ、そこまでチェックが行きとどかないので、紹介して頂けると大変助かります。
ありがとうございます。
サイト自体はリンク切れが多すぎてちょっとどうかと思いましたが(汗
作品自体は面白そうでしたね。
本能寺後に頭の中に上様とか、どういう不憫な光秀かと思いました。
電子書籍とは云え、やはり校正は出版元でやってくれないと、と、ちょっと思いました。(試し読みですでに誤植を見つけてしまったので(汗
2011/06/30(木) 11:30:18 | URL | 龍華成(管理人) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/669-2012e31f
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。