font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと武田と戦ってくる(道のり的な意味で)


大相撲夏場所、ニコニコ動画で生中継とか。
ぐっじょぶ!!!!
全国の孫はおじいちゃんおばあちゃんの為にプレミアムになるべき!龍華です。


さて、
奇跡の大型連休の休み。(変な表現・・・
朝、4時起きで長篠合戦のぼりまつりへ行って参りました!
JRを乗り継いで、7時40分に長篠へ到着しました。
正確に言うと、最初の目的地は織田の本陣跡だったので、
お祭りの会場、長篠城址の最寄り駅、長篠城駅(JR飯田線)
ではなく、5駅手前の東新町駅で下車しました。

本日の移動計画
最初の本陣、極楽寺→当日の本陣、茶臼山→設楽原→長篠城


今更ながら、茶臼山が本陣て出典どこなんだろうと思いつつ、
東新町駅を出て、踏切を渡って北上。上平井の交差点を右折。
さくら眼科(だったかな?)さんが見えたら、一つ手前の道を
左折すると、正面に旗本陣の平井神社の階段が見えます。徒歩10分。
神社内に石碑と看板があり、階段を上らずに、右手の道を行くと、
用水路に小さな橋が架かっていて、その正面が本陣跡です。
SBCA0079.jpg
遠くから見るとこんなかんじ。実は用水路のすぐ脇で、土手だか、
山を削った跡だかの上にあるので、石碑まで近づくには、
土手をよじ登るか、迂回して個人宅さまの敷地内を通過しなくてはなりません(汗
SBCA0080.jpg
こちらには説明の看板はありませんでした。
極楽寺は長篠の戦で焼けてしまった(by平井神社の看板)そうなので
当時をしのばせるものは何もありません。
何で織田本陣が燃えるんかしらん?と思いつつ、名残を発見しました。
SBCA0148.jpg
用水路に架かっていた小さな橋が、極楽寺橋でした。
ちょっと泣きそうになった(笑


さあ、次、茶臼山!!
と云う訳で、出発しました。
用水路ぞいの路が舗装工事とかで通れなかったので、平井神社の
ひとつ手前の道を東へ。突きあたりが少し大きい道なので、左折。
また北上します。信号のある交差点まできたら、右折します。
ちゃんと歩道のある大きな道です。
山沿いを東へ向かって歩きます。こんなとこ徒歩で来る人おらんだら。
と、思いつつ、ひたすら東進。
20分くらいすると、左手にこんな看板?が見えました。
SBCA0081.jpg
おお!何と親切!分かりやすい!!
・・・・・・と、思ったのは孔明の罠だったのです。
この後、茶臼山内で30分道に迷った管理人・・・。
案内するなら徹底的に案内してくれ、看板!!
と云う訳で、徒歩の方限定、管理人道案内。
看板の案内通りに左折して、山の方へ歩いていきます。
途中、黄色い手すりのある急な上り坂が見えますが、
そこは登ると普通に一般のお墓がならんでいますので、
スルーして山の左手を道沿いにもう少し進みます。
左手に、木造の小屋がみえます。トラクターが停まってました。
その向かいに、これまた急な石段が山の中へと続いています。
SBCA0082.jpg
階段下に『山住神社』と彫られた石碑?があるはずです。
SBCA0083.jpg
・・・・・読めません。
が、とりあえず登ります。登ると舗装された道に出ます。
正面に石の鳥居があるので、足腰に自信のある人は鳥居をくぐってさらに登ります。
SBCA0084.jpg
石段はかなり年季の入った感じで、苔むしているうえに、
補強してあるはずのコンクリにひび入りまくりなので、足元には十分気をつけて下さい。
登り切るとちょっと開けたところにでて、小さななお社があります。
ちなみに、足腰に自信のない人は、鳥居をくぐらずに、
さっきの舗装された道を右手側に登って行きましょう。
茶臼山公園らしき場所に出ます。公園の先に、白い看板があり、
確か、織田本陣跡・織田右府歌碑 100m
と書いてあります。駐車場とトイレあり、とも書いてあった気がします。
看板通り細い林道を歩くと、写真のお社の上の道に出ます。
SBCA0086.jpg
足腰に自信のある人は、お社左手の石段&坂を登って下さい。
しめ縄が気になりますが、根性出してくぐりましょう。
上記の林道と合流します。
公園側の林道から来た人は右手のさらに険しい林道へ右折。
うっかり見逃して直進してしまうと、行き止まりです。
お社側から来た人は、直進です。
林道のあまりのふかふかっぷりに、くじけそうになりますが、
御屋形様も登ったんだと思って登ります。
降りてくる人が来たら、すれ違えないよな、と思いますが、
まず降りてきません。
そんなことを考えていると、到着です。
SBCA0087.jpg
茶臼山山頂、山住稲荷神社です。
この左手に、本陣の石碑と、歌碑があります。
SBCA0089.jpg
写真加工しながら、何か出そうだな、ここ、と思いました。
幽霊的な意味でなくて、熊か犯罪者だったら目も当てられないので、
歴女ひとりで決して行ってはいけません。(人間の方が怖いよ?!
さて、
石碑は、織田信長戦地本陣、と書いてあったと思います。
歌碑は、
きつねなく 声もうれしくきこゆなり 松風清き 茶臼山かね
と彫られています。(案内板より
詠まれた状況とか、出典とか何の解説もありませんでしたが(汗
皮肉なことに、杉が林立していて、眺望もへったくれもありません(笑
折角登ったのだから、御屋形様と同じ景色が見てみたかったですね。
さて、長篠のぼりまつりに間にあうように、朝早起きしたというのに、
茶臼山に手こずり、思わぬ時間をとられてしまいました。
さて、いざ決戦場、設楽原へ!



だいぶ記事が長くなってきたので、次回へつづきます。


メモめもMEMO
ルパンの奇巌城
TAKAMINE
プリンセストヨトミ
ブッダ
孫文の義士団
もしドラ劇場版
アップルシード13
歌う!ヒットマン3D
シネマ歌舞伎 女殺油地獄
ゲキ×シネ 薔薇とサムライ
はりぽた こくりこ
行け!男子高校高校演劇部
シャンハイ
日輪の遺産
ライフいのちをつなぐ物語
ステキな金縛り
三銃士(2011)
はやぶさ HAYABUSA
つれうつ
一命
月光の仮面
劇場版サラリーマンNEO
1911
源氏物語
ヴァンパイア
ミロクローゼ
逆裁
荒川アンダーザブリッジ
おかえり、はやぶさ
天地明察
47RONIN
ロストシンボル
ああ、劇場版BASARAに上様はお出にならないのね(涙
コメント
この記事へのコメント
山道
険しいですねー(-o-;)
歴史旅には迷子は付き物なんでしょうけど(なんせ山中が多い)、せめて案内板はちゃんとしてほしいとこですよね(笑)
2011/05/07(土) 19:11:51 | URL | ちあき #-[ 編集]
Re: 山道

自分の場合は下調べ不足の行き当たりばったり→迷子
なのですが(汗
案内板って普通どこが設置してくれるものなんでしょうね。
安土山程の高さではなかったですが、山頂まで歌碑の石を運んでくれた方の気概には拍手でした。
2011/05/09(月) 00:19:08 | URL | 龍華成(管理人) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/663-6720a9e3
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。