font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何気ないタイトルだが鳥肌。



いつも言っている、「レギュラー満タンで現金でお願いします」
が、こんなに心苦しかったことはかつてありませんでした。龍華です。
もう、桜前線一気に北上すればいいよ!!



昨日は職場に金土月曜日分の書籍と雑誌の入荷があって、
久しぶりに壁のようにそそり立つ新刊段ボールの山を見ました。
と云う訳で、
昨日購入の漫画&書籍
すもも もも
秋田書店
発売日:2011-03-16
おじいちゃんの実験のせいで、本能寺から
上様&乱、坊、力連れてきちゃいました漫画、4巻到達です!
ありがとうございます!
主人公、花ちゃんの芸能事務所を手伝うことになり、
俳優デビューすることになった3兄弟(主に乱丸
無事?クランクアップを迎え、ホッとしたのもつかの間、
実はいっしょにタイムスリップしてきちゃっていた
乱丸の許嫁が登場し、乱丸と花ちゃんが一緒に居る所の
写真をネタに、ついに登場した黒幕から強請られて、
花ちゃんがライバル事務所へ移籍。
ああああ、重たくなってきたぞー、話がぁぁ。
もう完全に上様がお笑いパート担当なので、是非ご活躍を!
あ、でも、要所要所はカッコ良く締めて下さっているのですよ!・・・たぶん(管理人フィルター。
本誌(月刊プリンセス)では、花ちゃんの過去のトラウマが
判明&解決&それ以上の大事件、みたいな展開になってました。
これ解決しちゃうと終わっちゃうのかな?
もっと続いてほしいな。



岡田 秀文
双葉社
発売日:2011-03-16
あー!この人、本能寺六夜物語の人だ!!
げふん、ごほん・・・失礼しました。
柊さんが、佐々が可哀そうで良い。と、仰っていた(たぶん)
岡田 秀文
双葉社
発売日:2010-04-20
この本の作者さんが、御屋形様の本を出されるようだ、
とのことで、待ってました。実は上記の本はどう考えても
読んでも凹むだけの気がするので、未読です。(すみません
で、
調べていたら、昔読んだ、
最後、御屋形様が超ショボーン(´・ω・`)なオチだった、(これ以上オブラートに包んだ表現が出来ない・・・
本能寺六夜物語』の作者さんだったことに気付いてびっくりしたところで(汗
そんなことはさておき、
今作は短編集です。
いや、信長という男を描くために、あらゆる立場の人物と御屋形様とのエピソードを書き、集めた。と云う感じでしょうか。あ、帯には連作集って書いてありました。
で、その人物たちは、
上杉謙信
織田信光
浅井長政
柴田勝家
足利義昭
蒲生氏郷
織田秀信
土田御前
(『小説推理』に掲載分と書き下ろし
敢えて、信長、を書いていないのが生きてる作品だと思いました。
土田御前を読み終わった後に、本を閉じて、改めて題名を見た時にぞくっとした。
御屋形様の、底の知れなさというか、凄味が最後に襲ってくる感じが良かったです。特に、信光叔父と土田御前の話。
御屋形様に超びびってる柴田の話も面白かった。この設定は光秀でよく見るけど、あえて柴田なのが新鮮でした。
打倒信長に燃えてた義昭が、本能寺後に燃え尽き症候群になっていたのも、御屋形様の大きさが出ているようで好きです(管理人フィルター
ですがやはり、好き&好意的という私情により、ぜひ蒲生氏郷だけでも立ち読みして頂きたいですね(笑


メモめもMEMO
至急チェック
岡田 最後の間者 城盗り藤吉郎
戦国おもしろ草紙 乱世のきずな PHP そらあすか

アニメ化
へうげもの BSプレミアム 4月7日~
戦国乙女 桃色パラドックス テレビ愛知4月7日~
殿といっしょ 中京テレビ 4月

全然関係ないけど アップルシード13 6月
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/656-1a09adc3
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。