font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時代の寵児はどちらか。



そういえば、
先日の京都お墓参りの旅の時のネタが残っていました。
本能寺にお参りした時、京都市役所の道路側にあるコンビニ
(ふぁみまだったと思うのだけれど・・)で、
こんなお弁当を発見しました。
201011252017000.jpg201011252019000.jpg
だいぶ家族に持ってかれましたが、美味しかったです。
特に、里芋。醤油で甘がらく煮る尾張人の管理人にとっては、
里芋が白いのが不思議でした(笑
で。
折角お弁当ネタが出来たので、帰りに名古屋駅で
こっちのお弁当も買ってみました。
201011252017001.jpg201011252017002.jpg
こっちはかなりリアルに当時の再現したお弁当だったので、
かなり甘い&味噌からい味付けでした。
(とは云っても、気付いたらもう半分くらい食べられてたのですが
これは尾張人以外受け付けるのか?と正直思いました(笑


さて、
本年最後の購入本。
宮下 英樹
講談社
発売日:2010-12-29
密林画像なしでした・・(汗
ついに桶狭間戦記完結です。
一応、小冊子付きの特装版買ってみましたが、
信長公記の桶狭間部分の記述に、著者が薄墨?で描いた
絵がついた絵本ぽい16項くらいの本がついてただけです。
あんなに天才的だった義元公が死んじゃいました。
この作品の主人公は義元公だったんだなぁ、
と、今更思う、素敵な桶狭間でした。
だって義元公が軽やかに戦ってらっしゃるんだもの。
いい作品でした、今川ファンの方には超絶お薦めです。
いや、勿論、我らが上様も素敵でしたよvv
時代の寵児がその時代を背負った覚悟の背中に惚れた!


かわの いちろう
リイド社
発売日:2010-12-27
こちらは桶狭間後、美濃攻略編です。
斎藤方を援護に来た信玄公との緊迫した駆け引きが
繰り広げられてました。というより、信玄公の出した問題に、
生徒の信長君が何とか答えをひねり出して、及第点もらった、
というような展開でした。(今、変換第一候補が天海で凹んだ(汗
いよいよ光秀登場で、次巻は上洛です。
お髭もたくわえられて、貫録でてきました。
ていうか髭のほうが見た目好みだった(滝汗

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/636-8e9baa79
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。