font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
完結・・って、クライマックスはこれからですよ!



前回記事にコメント下さった某様!
(非公開だったのでお名前は秘密で。
まったくもって知らなかったので、明日探してきます!!!
外から見えるっぽいので、努力で何とか・・・してみせます(笑
ありがとうございました!!



さて、先日&昨日購入の書籍&漫画
201009232339000.jpg
宮城谷 昌光
新潮社
発売日:2010-09
密林画像がないので、写メですみません。
新潮社から出ている、『波』という月刊誌がありまして、
それに連載されている古城址を旅したエッセイの単行本化です。
菅沼の城・奥平の城 松平の城 一向一揆の城
徳川の城・今川の城 北条の城 北条水軍の城と6巻刊行され、
今7巻が、桶狭間合戦の城、ということで、
ついに織田のターン!!と云う訳で買ってきました。
宮城谷さんの作品は、高校大学の頃に、だいぶ読ませて頂きました。
その頃は中国時代小説が主だったのですが、最近は、
『風は山河より』とか『新三河物語』と日本の時代小説を
書いていらっしゃいます。が、まだ日本に来てからは読んでおらず・・・すみません。
で、7巻は知多半島から尾張南部の城・砦がとりあげられていて、
村木砦とか、大高城、鷲津、中島、善照寺と、
織田的にだんだん近づいてくる感がぞくぞくしました(笑
久しぶりに宮城谷さんの文章を読ませて頂きましたが、
書き方も雰囲気も、歴史や小説に対する姿勢も本当に好きです。
と、私の感想はさておき、
帯に、“歴史紀行シリーズついに完結。”
とあり、7巻で終わりのようなのです。
が、
おかしい、私は確か先月か先先月の『波』で、
末盛城の回を読んだはず。いや、むしろそのページだけ
手元にあるはず・・・(ていうか、あった。
で、調べてみたら、続いているじゃないですか、連載。
7巻最後の善照寺のあと、第85回 古渡城
86回 末盛城、87回 御器所西城(9月号)と続いていました。
ちょ、まって、織田真っ盛りじゃないですか!!!
単行本にならないの!?もしや、『新・古城の風景』
とかいって、今度1巻が織田のターンになるのかしら!?
あああああ。(心配
と云う訳で、1年後、新古城の風景が刊行されたら
管理人といっしょに喜んで下さい。(祈



真壁 太陽,原田 庵十(RA-SEN)
スクウェア・エニックス
発売日:2010-09-22
スクエニから出ている、『ガンガン戦-IXA-』という
雑誌がありまして、なにかの増刊号扱いだと思うのですが、
冬の陣、夏の陣、と年2回ペースで2号まで出ている雑誌に、
前後編みたいな形で掲載されていた漫画、の単行本化です。
タイトルそのまんま、本多の漫画です。三方ヶ原~関ヶ原まで。
基本、山県と戦ってる漫画でした。(語弊がある。
御屋形様がトータルで20ページくらいご登場。
古き良きつわもの達の戦を、種子島でぶち壊す、
すばらしくKYな魔王様でございました。これは良い魔王(笑
忠勝・井伊・家康公・山県・島津がカッコ良かったです。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/613-97d605d5
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。