font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

1回延期とか、実質4ヶ月後だから!!!!




発売を楽しみにしている雑誌、『戦国無頼』
偶数月の3日発売で、3、4日と休みだったので、
今日、+(0゚・∀・) + ワクテカ +しながら出勤したら、
7月号発売延期で、8月3日の9月号に延びてた。:゚(。ノω\。)゚・。

隔月刊が一回延びたら、季刊誌だよ!!龍華です。



と云う訳で、本日購入の漫画。
宮下 英樹
講談社
発売日:2010-06-04
センゴク天正記がさくさく巻を重ねていくので、桶狭間戦記はやっと3巻か。
と云う感じです。3巻出ましたvv
今巻は、家督相続から、信行謀殺まで。
内憂の一番きつい時期ですね。
じいも、舅殿も、雪斎も信行も死んじゃいました。
熱い鉄が、打たれて打たれて、だんだん鋭利で美しい刀に変化していく感じの御屋形さまが良いですねぇ(うへへ
それにしても、ちょいちょい出てくる謙信公が、
いちいちカッコイイのは何故かしら(笑


宮下 英樹
講談社
発売日:2010-06-04
週刊誌連載はやっぱり発行早いなぁ。
と、つくづく思います。義風堂々とかもそうですね。
今巻は、手取川撤退から、上月城落城・・・だから、毛利との直接対決が本格化し始めた辺です。
ていうか、この巻は、いかに謙信公をカッコ良く死なせるか、
に、紙面と時間とを裂いた感じの巻でした。カッコ良かったです!!
前半、柴田もカッコ良かったのに、謙信公に全部持ってかれた!!
あとは、
桶狭間戦記より、網掛けが粗いのが気になりました。
御屋形様のアップのシーンとかね!!



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/584-1d8f7eab
この記事へのトラックバック