font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

ぶっちゃけバインダーは要らない



国技館へ行って、御屋形様の壁画が見たい今日この頃、
龍華です。(いや、相撲も見たいですよ、勿論。


昨日購入の雑誌
『COMIC 大河 2010年7月号』(歴史街道増刊)
(25日発売
御屋形様の連載はないので、4コマの『ひねもすらんせ』が
御屋形様のネタの号だけ買ってたのですが、今回は信玄公の
お話だったので、買わなくてもいいかなー、と思っていたら、
『どっからみても波瀾万城』第五話が安土城だったので、
気付いたら買ってた!


もういっこ。
『戦国武将データファイル 創刊号』 デアゴスティーニ
(25日発売
創刊号290円。以降580円。全100号予定。
中は流石のデアゴ商法&クオリティでした。
御屋形様のページが、1~4と31、32ページと
項が振ってあって、4号の予告に5~8が載るように
書いてあったので、最低でも7冊くらいは買わないと
御屋形様のページがそろわない、って寸法のようです。
まあ、買わないでしょう。たぶん。
だから、バインダーあっても意味ないわww
唯一、肖像画をあつめたページだけはちょっと頑張ってた。
これ、網羅してたら見なおしたんだけどな、デアゴ(笑



あと、買っては無いですが、
久慈光久
エンターブレイン
発売日:2010-04-15

すみません、タイトル何と読むのか分からないのですが、
漫画の短編集で、戦国ぽかったのでぱらぱら見てみたら、
『千草峠の風』というお話で、御屋形様が出てました。(24項くらいの話
善住坊が主人公で、タイトル通り千草越えでの狙撃のお話でした。
殿といっしょの、御屋形様に黒目が入ったような感じの殿でした(をい

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/581-9cc20d4b
この記事へのトラックバック