font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

御屋形様の頭が、辮髪に見える件


ネット環境が無線LANになったので、無双3もやらずに、
ニコ動中毒。龍華です。
だって、フィギュアの動画がたくさんあるんだもん(涙
無双のムービーだって、プレイしなくても見られるんだもん(汗


と云う訳で、
11月の出版ラッシュが終わったので、買う本が減りました。
で、
買ったのに書き忘れていた雑誌。
歴史マガジン 大河 vol.1』 コアマガジン
歴史マガジン 大河 2010年 01月号(12月5日発売

本棚がというか、龍華家の床板が本格的にやばいので、
小説と漫画以外は、あまり買わないようにしよう!と思っては
いるのですが、表紙が長野さんなので買ってしまいました(汗
最近、諏訪原さんとか、正子さんとか色んな絵師さんがご活躍ですが
私はやっぱり長野さんの描かれる御屋形様が好きですvv
気品が違う(笑
お子様の教育上よろしくないような雑誌を主に出されている
出版社さんでしたが、内容はしごく真面目でした。
兵農分離とはー、とか、本能寺の変とはー、みたいな。
(小和田先生に津本さんですからね
vol.1と書いてありましたが、次号はいつでしょうか。


雑誌と云えば、
ガンガン戦―IXA―二〇〇九 冬の陣』 スクウェア・エニックス
ガンガン戦―IXA―二〇〇九 冬の陣(11月27日発売

コミック戦国無頼 2010年 01月号』 
コミック戦国無頼 2010年 01月号 [雑誌](12月3日ごろ発売

こんな雑誌も出ているようです。
すみません、まだ買ってません。だからむしろメモ。
(井上靖がえらいことになってるなー、と思ったのは私だけ?(笑
いかにもな感じの雑誌ですが、管理人はオタクなので買うんだろうなぁ・・・・・
スクエニは増刊号なので単発のようですが、
松文館の方は隔月なので、次は2月発売のようです。
一応両方、御屋形様はお出になっているようなので、またレポします。
有名雑誌が次々と休刊に追い込まれている昨今、
長く続いてくれることを、切に祈っています。まじで頑張って!!


あと、11月に買い忘れていた本、その2。
うっかり戦国4コマ かいこ』 久山ちず 新書館
うっかり戦国4コマ かいこ (ウィングス・コミックス・デラックス) (WINGS COMICS DX)(11月末発売
ウェブで公開していらっしゃる漫画の単行本化。
斬新で可愛いキャラデザの武将たちが大暴れする4コマです(違
すみません、管理人、後半織田がからまなくなった途端に、
ページを繰るペースが落ちて、結局最後まで辿り着けませんでした。
ごめんなさい、どうしても九州地方まで興味が行かない・・・・・(滝汗
ダメだとは分かっているのですが、島津4兄弟とか覚えられないのです。
織田好きすぎるとこうなるのか・・・・(違うって
飛びぬけて、鶴ちゃん(蒲生氏郷)が可愛かったことは、
声を大にして申し上げたい!!キングギドラみたいだったけどねvv


鶴ちゃんで思い出しました。どうでもいいことなのですが、管理人、
どうしても伊達の梵天が好きになれない理由が、最近やっと分かりました。
蒲生氏郷が好きだから。
秀吉に対して繰り広げた数々の奇策、カッコ良く喧伝されていますが
結局、実際苦労したのは鶴ちゃんじゃないですか。セキレイとか。
おまけに暗殺説まであいまって、渡辺謙氏の力をもってしても好きになれず…
惇兄の声で、Let's party!とか云われても、駄目でした。
・・・・・・・・・・本当にどうでもいいな。
ちなみに、次回の新春歴史秘話ヒストリアは、梵天と幸村です(笑


どうでもいいついでに、最近やっと動く映像を見た、
「名古屋おもてなし武将隊」について。
今年の11月頃から活動なさっている、名古屋おもてなし武将隊。

公式ブログはこちら→http://ameblo.jp/busho-tai/

尾張名古屋にゆかりのある武将たちが、物見遊山にきた客人を
もてなそうと結成された(byブログ記事(祐筆犬丸さん

んだそうです。
名古屋の観光親善大使みたいなものですかね。
ニュースに取り上げられたのを、家族が見て教えてくれたのですが、
管理人はWebのニュースで写真しか見られず、
幾日かが過ぎたつい先日、
NHK名古屋制作の、地デジ推進CMに、彼らが出ているのを発見しました。

なんか、ようつべに動画あった。
のぶさまとは真逆な稼働域(笑)ですが、戦国は色々凄いことになってますね。
来年の英傑行列は、この3人で練り歩けば良いと思う(笑
各都市へも出かけているようなので、地元へ来た時は、皆様お誘い合わせのうえ、見に行ってあげて下さい。



メモめもMEMO
『日本中世の歴史 7 天下統一から鎖国へ』 堀新 吉川弘文館
『桶狭間-神軍・信長の戦略と実像』 江畑英郷 カナリア書房
『織田信長という歴史 『信長記』の彼方へ』 金子拓 勉誠出版
『安土信長の城と城下町 発掘調査20年の記録』 サンライズ出版
『諌死にあらず 信長を救った男』 服部徹 風媒社
『刻々の断』 向居直紀 郁朋社
『早苗と信長』 吉井裕 鳥影社
2010年1月下旬 『蒼き信長』 安部龍太郎 毎日新聞
(また井上靖か(笑
ペプシネクス おまけ
コメント
この記事へのコメント
なるほどー
私も謎に思ってました(笑)龍華様と同じ鶴ちゃん好きとしては、やっぱり・・ですね。


2009/12/19(土) 23:46:32 | URL | ちあき #-[ 編集]
鶴ちゃん!
鶴ちゃんは、もっと評価されるべき!!
と、悶えること云年(笑)です。
佐々も然り。
逆に、伊達ファンは、秀吉とか鶴ちゃんとか好きじゃなかったりするんでしょうか。
それを思うと、伊達にもいいとこあるんだろうな、と思ったりも・・・(勉強しないけど(コラ
2009/12/22(火) 11:29:35 | URL | 龍華成(管理人) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/542-d927892b
この記事へのトラックバック