font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一兎におわる。


ちょ!アルバンがスケカナ3位!!
映ってー!今夜の放送映ってー!!!龍華です。


さて、大雲院つづきです。
本堂とは別棟で寺宝の展示がされていました。
御屋形様の書状、軍扇、茶器、漆器、肖像画、
御屋形様関係なく十六羅漢の屏風とかもありました。お寺だしね。
写真は撮れなかったので、図録?より肖像画↓

200911191150000.jpg

右側(↑こっち)は展示してありましたが、左(↑)はありませんでした。
見たかったなー(残念)
御屋形様が信忠にあてた手紙も展示してありました。
『~~このようにして下さい。詳しくは婿に説明させるからねv 信』
と、まあざっくりそんな文面なのですが、
婿、とは、そう、蒲生氏郷のことで、鶴ちゃん婿呼ばわりなのねvv
と、ほぼ貸し切り展示室で声もなく悶えさせていただきました(変態
御屋形様から拝領の軍扇は、骨のところがすごい綺麗でした。
色あせたこの飾り緒の元の色はどんなだろ?とか、
この御茶碗で誰にお茶をたててらしたのかな?とか、
このお盆には、お菓子とか乗せて使ってたのかな?とか
思いは遠く時のかなたへ・・・・
いえ、すみません、終始妄想させて頂きました。ありがとうございました。



さてさて、
興福寺の阿修羅像が、お堂で特別展示をしているとのことだったので、
午後はちょっと強行軍で奈良まで足をのばしました。

200911191426000.jpg
200911191429000.jpg

せんとくん、と、鹿、がお出迎えしてくれました。
紅葉も綺麗だし、良い時に来たなー、と思っていたのです、

が!

200911191433000.jpg


150分待ち・・・・・


うそん!どこのアトラクションですか!?2時間半て!!
帰りの電車は2時間後です、龍華さん!!
天平のアイドルをなめてました、すみません。
と云う訳で、阿修羅たんはあきらめて、東金堂と、国宝館を見て帰ることにしました。
でも、国宝館で素敵な弥勒に会えたので、無駄足ではなかったです。
あまりにかっこよかったので、思わず図録買った(笑





旅行は計画的に・・・・!!
(前にも同じこと云った気がする





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/536-b8c357f0
この記事へのトラックバック
皆さんご存知阿修羅像です烈 ※クリックすると他サイトに飛びますのでご注意を嶺 仏像ワールドのリアル仏像【阿修羅(復元仕様)】 阿修羅をもっとよく知りたい方はWikipediaで裂 興福寺所蔵
2009/12/01(火) 17:25:27 | 仏像百科事典
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。