font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レポという名の萌え叫び(舞台『女信長』


文章書くのが苦手なくせに、レポート書くとか云った自分に
ぐーぱんちを入れてやりたい今日この頃。龍華です。


オタクのイベントは21日だったのですが、舞台『女信長』を見るので、
前乗りで江戸へ参りました。舞台を一緒に、とお声をおかけ下さった
ちあきさまと待ち合わせをして、舞台の前に、時代屋書房さんへ。
(・・・・東の方は色白美人が多いんですね(ぐふっ
二人で、「もう買うしかないですよね!」と励ましあって(違
本を3冊買いました(やっぱりな
鷲尾雨工『若き日の家康
風巻絃一『闘将織田信長 (春陽文庫)』(画像がないよー
浅野清『佐々成政資料の誤記・疑義―戦国武将研究の盲点

 

上2冊は気になっていたのでGet!
3冊目なぞは、管理人も、レジの店員さんですら、
こんな本、店にあったのね・・・・的な奇跡に近い発見でした。
いつぞや手に入れ、読めない・・・と諦めた、佐々成政関係影印文書も
棚に並べてあったので、某、時代屋さんの底力を見ました!!(感動
かなり長い時間かけて店内をくまなく見て周り、でもまだ少し時間が
あったので、2階の茶屋でお茶しながら萌え語りをさせて頂きましたv
で、
舞台『女信長』。
結局原作は途中読みのまま、観劇の日を迎えてしまいました。
幕が開いて冒頭、いきなり中川君(光秀)が歌いだした時は
どうしようかと思いました(笑)
お話としては、実は女な織田信長こと、お長が、
男どもは大義ばかりを振りかざして、結局私利私欲の為に戦をする。
ならば私が太平の世を築いてやる、と、乱世に乗り出す。
という話です。
目的のためには手段を選ばない、というか、女の武器は
存分に活用するお長でしたが、(道三殿とか、柴田とか・・・ね
初めて心から愛する男に出会いました。それが浅井長政。
この男の為に天下を取ろう、天下はこの男にあげて、私は女に戻るのだ。
身も心も捧げて、というか、どっぷり長政に溺れるお長でしたが、
朝倉攻めの折、突然背後を長政の軍に襲われます(金ヶ崎
愛し、愛されていると信じていた長政に、利用されていただけだった
ことを知ったお長は打ちひしがれます。
それを慰めたのは光秀でした。
太平の世の為に、私はずっと信長様の傍におります。と。
(ここを一番頑張ってお長を守ったのは家康公だと思うんですけど、
 お長のラブは全部光秀にもってかれたんですよね・・・
で、ここから本能寺までの流れが記憶から飛んだんですが(汗
本能寺の変。
寺を襲ったのが光秀だと知ったお長はすぐに悟りました。
私は女に戻りたかった、その為には織田信長はもう死ぬしかなかったのだ。
だからお前はここに来た。これが、お前の愛なんだな。と。
そうして、織田信長は本能寺の炎の中に消えました。
愛し愛された男の手によって。

ちゃんちゃん。
という感じです。たぶんだいぶ色眼鏡入ってます。
かなりシリアスな舞台だったというのに、
すみません、管理人はどうしても

中川君(光秀)の声が

アニメBASARAの真田幸村に

聞こえて仕方がありませんでした!!


光秀が出る度に、
「あなたセリフが違うから!あなたの御屋形様は信玄公でしょうが!」
と心の声がツッこんでしまい、可笑しくて仕方が無かったのです。
本当にごめんなさい。でもこればっかりは・・・・・
織田家臣団の中ではダントツで柴田が可愛かったです!
かっこよいの書き間違えではありません。可愛かったのです。
御屋形様を抱かせてもらって、もうメロメロって感じが、もう。ねv
逆に、うっかり林が熱い男でびっくりしました。
利家も結構出てましたが、見せ場的なシーンがなくて残念。
秀吉は、途中、凹んでいる御屋形様を押し倒して、俺の女にしてやる、
発言をした時に、まじで首絞めたろうかと思いました。
最後、織田家臣団のなかで、この人誰だー?出番比較的多いのに、
名前が分からないぞー?という役の人が、本能寺で終に、
丹羽長秀だと分かった時には、あまりに史実に忠実な
影の薄さ加減に私は感動しました!演出は天才か!!

義元公は遠目にもイケメンだったのですが、軽く殺人鬼な
変態キャラだったのがウケました。良いのかなぁ、あれ(笑
道三殿は、死んだ後もお長を心配してちょいちょい出てきては、
騙されるな、とか、大丈夫か、とか云ってくれるのですが、
お長完全スルーでした。酷い(笑
長政ちゃんは、本当に黒かったです。なにあれ!
お前など愛しているものか。天下を取るために利用しただけだ。
馬鹿な女だ。みたいなキャラですよ。思い出しただけで凹む(涙
その長政を取り合って、お市とお長が罵りあう場面とか、
管理人には拷問以外の何物でもありませんでした(痛
フロイスがお笑い担当で(違)出てたのですが、何が一番
面白いかって、お前日本人じゃん!(見た目も喋り方も!)
って所だったと思います(あ、よだれかけの件も良かったよ
そして、
ぞっこん惚れこんでしまったのが、家康公です。
正直、肉体関係持たずに、純粋にお長が好きで、
お長のために動いていたのは、家康公だけだと思う!
家康公のためだけに、もう一回見に行きたいくらいです。
肝心主役の御屋形様は、すごい美人だった!
そりゃあみんなメロメロだわ(笑
織田信長として見るというより、お長だと思って見ないと
ちょっと変な感じがするかもしれないですね。
殺陣もアクションもすごい頑張ってました。






結局、

一番男前だったのは濃姫様!!


以上!
イベントの記事は次回へ続く。


コメント
この記事へのコメント
この記事のトラックバックができませんでした(>_<)
私も女信長観てきました。
でトラックバックさせて頂こうとしたのですが、トラックバックURLを入れさせていただいても無理でした。
中川君の声は、確かに真田だったです!
一番若いはずの家康が一番年上っぽかったけど、渋かったですね。ナレーションも兼ねていて「ここで突然ですが20分の休憩がはいります」とセリフの途中で言われた時は爆笑でした。
すごく黒木メイサちゃんも中川君も若くって(←これ大事だと思いました(笑)綺麗で満足でした。
2009/06/28(日) 20:47:49 | URL | sarai #M6/lqi1E[ 編集]
ぎゃ(>_<)すみません!
sarai様 こんにちは

トラックバック、調べてみたのですが、
言及リンクの無いトラックバックを拒否する、設定にチェックが入っていたので、そのせいだと思います。
すみません・・・・どうりで最近スパムのトラックバックがなかったなぁ・・・と(汗

> 中川君の声は、確かに真田だったです!
ああ、もし私の真田発言のせいで、劇中笑ってしまっていたら本当に申し訳ないです(汗
> 一番若いはずの家康が一番年上っぽかったけど、渋かったですね。ナレーションも兼ねていて「ここで突然ですが20分の休憩がはいります」とセリフの途中で言われた時は爆笑でした。
家康公は休憩の件もそうでしたが、随所で美味しかった(笑)ですよねv
家康公が読んでいた本?欲しかったですもの!
> すごく黒木メイサちゃんも中川君も若くって(←これ大事だと思いました(笑)綺麗で満足でした。
綺麗でしたね!後半、歳を取ったから云々、と嘆いていたシーンは、いやいや、まだぴっちぴちじゃん!?と、つい心の中でツッこんでしまうくらい。
光秀の若さが、純愛さ加減を引き立たせてたんじゃないかな、と思います。
その分、家康公の大きな愛が強調さ・・・(まだ云ってる
2009/07/01(水) 11:18:57 | URL | 龍華成(管理人) #-[ 編集]
お忙しいのにすみません。
トラックバックはもういいですよ。
又変なところから入ってくるかもしれないし
設定はそのままにしておいて下さい。
自分のブログでも観劇記をアップしているのでよかったらまた見て下さいね。
自分のHPで時々こちらを参考にさせて頂いているので、リンク貼っても宜しいでしょうか?
(なぜかバナーが入らないのですが)
拙サイトはちょっと…腐…ですので、一方的リンクで。
また少しお時間のある時にでもレス頂ければ、というか、リンクにもし問題があればレス頂ければ。
2009/07/01(水) 23:11:38 | URL | sarai #-[ 編集]
拝読いたしました!
sarai様
お気遣いいただきまして有難うございます。
観劇記は、さきに拝見しておりまして、
自分のレポートの悲惨さを痛感していたところで御座います(汗
リンク有難うございます!
むしろこんなサイトで良いのかと・・・恐縮です。
ゲーム系のサイト様はリンクを貼らせていただいていないのですが(きりがないので(汗
自分のブクマの方に入れさせていただいております。
これからも御邪魔させていただきます。
よろしくお願い致します。
2009/07/03(金) 00:15:13 | URL | 龍華成(管理人) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/491-3b0e3290
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。