font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

実は期待していました!すみません!


(いきなりですが)k2さまに私信。


k2さま。申し訳ありません。
k2様なら何かお教えくださるんじゃないかと期待しながら、
投稿ボタン押しました。
あまりの浅学さ加減に呆れられるんじゃないかと思いつつ、
記事書いてました。

ありがとうございます!!
甘えててごめんなさい!!


銚子事件は、そう云われる読んだことがありました。
というか、読みかえしました。つい一昨日。
折角のお膳立てを蹴って帰ってきたとか!このお方は!!
と、思いつつ、今も昔もお上は面倒くさいな!と思ったばかりでした。
68年に上洛して、75年まで無位無官・・・それ以前が裏工作(朝廷側の?)
とすると、7年間どうしていたんでしょうか!
同じく12年の10月に天盃をたまわったらしいですが、その時も偶然を
装ったのでしょうか。
(お湯殿の上の日記に書いてあるようなのですが、実際読んだことがないので・・・(涙
銚子事件の時は、御屋形様は何を着て行かれたのでしょうか。
言継卿記には、お召し物のことは書いてあるのでしょうか。
(県図か名古屋市図書館へ行け)
束帯衣冠でなければ、直垂あたりかなぁ、と思うのですが、
直垂なんかで禁裏に入っていいんでしょうか・・・
あああ、調べてみたいことがとめどなく沸いてきます・・・
これからも、見捨てず御指導下さいましたら幸いです!



記事と区別がつけづらくなってきたので、
私信はここまで。


天正3年11月の権大納言任官まで、御屋形様が無位無官
なことが分かりましたので、衣装的にはあっさり?しました。
権大納言は公卿なので、黒の縫腋袍に紋入りの縹色の指貫。
正二位右大臣までは同じのはずです。
それ以前(と、天正6年に右大臣と右近衛大将を辞めてから)は
参内時に何をお召しだったかは・・・調べます。(出来るかなぁ

ああ、でもピンクな御屋形様も描いてみたかった・・・orz

とりあえず、今回描こうと思っていた設定は、
身分的にも季節的にも年代的にも完全に破綻したので、
心置きなく妄想ですすめられそうです(こらこらこら


いや、でも出来うる限りは史料からたがわないように
したいとは思っています。
知ってて妄想するのと、知らずに捏造するのは違うよなぁ、
とも思っています。
なので頑張ります。
馬揃えの衣装も一生の研究課題ですし。

まあ、でも、うちの御屋形様月代剃ってないじゃん!
というツッコミをされたら手も足も出ませんけどね!!


メモめもMEMO
6月22日 戦國ストレイズ4巻
コメント
この記事へのコメント
服飾
龍華様
こんばんは。信長の服飾に関した論考って見受けられませんね。
河原さんの元秀筆織田信長像の着衣の解釈で、信長は故実には深い関心を払い、武家故実家伊勢氏の嫡流、貞為と弟貞興を被官にしています。
その貞興が「伊勢貞興返答書」元亀三年奥書 があります。しかし、起居振舞いや式三献の作法など詳述されているが、服飾に関する記述は少ないようです。
それを補うものとして「御供故実」(1482年)から河村誓真聞書 まで十三種の武家故実書を援用し、論考されてます。
これらの資料が、参考になるかと思いますが、手に入れるのに、手間がかかるかも知れません。
銚子事件、前から違和感があったんですが、桐野様の連載で、朝廷側の手違いで信長を退出させたと論考されていまして、スッキリしました。
天盃の件、参内ってありますね(笑
お湯殿確認してみますね。龍華様の、興味のある事、なかなか惹きつけられるものがあります。
2009/05/16(土) 20:37:07 | URL | k2 #-[ 編集]
龍華様
お湯殿確認しました。
永禄十二年十月十三日。
のふなかのほりて。なかはしにててんはいの御さか月たふ。(後略
長橋にて賜ったみたいですね。これを参内と言うんでしょうか?岡田正人氏の年表には参内になってます。む、むずかしい(笑
あと、武家故実の件で、郡書類従他図書館で色々見てみましたが、難解です(笑
龍華様、頑張って仕上げて下さい。
2009/05/18(月) 16:21:36 | URL | k2 #-[ 編集]
が、頑張れるか・・・・な・・・
k2さま!
本っ当にありがとう御座います!
敷地内に入るだけなら参内ではないのでしょうか。
長橋って、想像するに、御屋形様は屋外というか廊下の下で、うっかり正親町が通った設定な香がします(汗

大学で日本史専攻すれば良かった、と
つくづく思います。が、是非も無いので、
少しずつ勉強します。よろしくお願い致しますm(_ _)m
2009/05/22(金) 00:22:17 | URL | 龍華成(管理人) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/478-f5f8e5f5
この記事へのトラックバック