font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
踊れ!(映画『GOEMON』)


朝一番で、映画『GOEMON』を見て参りました。
DVD購入決定。龍華です。

出番は少なかったですけれど、本んっっっ当に素敵でした!
まさかあんなに白の似合うお方だとは思ってもみませんでした。
(いや、白綸子は激しく似合うんですけれどね。

(手書きブログ↑に挑戦してみました。あえなく撃沈↓

史実はぶっちぎってしまってますが、一応設定は慶長年間。
秀吉の治世です。大泥棒、石川五右衛門が活躍中。
五右衛門は、ある日盗んだ小箱に隠されていた地図から、
本能寺の黒幕が明智光秀と交わした連判状を手に入れます。
連判状、もうひとりの名は、羽柴秀吉。
それを知った五右衛門は、秀吉を殺害せんと大坂城へ乗り込みます。
何故、五右衛門が秀吉を殺すのか。
それは、両親を殺された幼い日の五右衛門を拾ってくれたのが
織田信長その人だったからです。
秀吉は大恩ある主君の仇なわけです。おまけに、
御屋形様に仕えていた時、命ぜられていたのが茶々の護衛で、
身分違いと分かりつつも、淡い恋心なんて抱いちゃったりしていた
茶々が大坂城に幽閉されているのも発見してしまうわけです。
許すまじ、秀吉!
という訳で、五右衛門が色々頑張る映画なのですが(ざっくりだな
五右衛門と、茶々の回想という形で御屋形様はご登場されます。
もう、どこもかしこもどれをとってもカッコイイのです。
まず初登場のシルエットから素敵。
拾った五右衛門がちゃんとついてきているかチラッと振り返る所とか、
馬から降りる時、四つん這いに踏み台になる秀吉の背を
躊躇無く踏む鷹揚な感じとか、名前を聞きもせずに勝手に五右衛門の
名前つけちゃうとか、服部半蔵に預けた五右衛門の様子を見に来て、
こいつは素質があります、と言う半蔵に、俺の目は確かだろう?と、
にやにやするとか、雪山を飛翔する鷹が腕を差し出した御屋形様に
舞いおりるとことか、茶々の護衛をしてくれた御礼だ、とか云って、
大事な剣を五右衛門にあげちゃうとか、またその後去っていく時の
背中とマントの翻り方が美しいとか、云ってるとキリないのですが、
特に、橋之助丈で良かったなぁ。と思ったのはやはり、敦盛を舞う所。
あれは本業の人にやってもらうのが良い。絶対。
膝丈の白い厚手のマントがふわふわ翻るのが素敵なのですよー。
うふふふふ。
ああ、思い出しながら書いてたら、また見たくなった・・・。

他の人のことを全然書いてませんでしたが、みんな良いキャラでした。
一番いいとこ持ってったのは霧隠才蔵だと思いましたが、
一番好きだったのは利休殿。貫禄が違う。まじで。
御屋形様の登場シーン以外で一番ときめいたのは、
関ヶ原で倒れる五右衛門を抱き止めた服部半蔵&その後の
ちらっと乱れてた前髪。(←弱いなぁ、こういうの
一番怖かったのは、関ヶ原で「押し返せ」って言った家康公。
石田三成はシリアスな役なのに、タイムスクープハンターのせいで
終始可笑しくてしかたなかったのですが、最後の倒れ方が大好き。
個人的には、映画見る前でも見た後でも良いので、
ノベライズの文庫を読まれる事をお勧めします(見た後の方がいいかなぁ
映画で描ききれてない、それぞれの登場人物の物語があるので、
セリフがいちいち重たく聞こえます(笑
才蔵の配下の、青龍、朱雀、玄武という忍びが出てくるのですが、
小説だとあんなにかっこいい彼らが、映画では特にフューチャーされずに
死んでしまうのが私には不憫で成らないのですよ!!!
漫画版もありますが、あれだけの物語を無理やり1冊に詰め込んでいるので、色々切られしまっているし、流れも無理があるので、楽してマンガで済ませてはいけません(絵が若干痛々しいのもありますが(汗


・・・・あ、今日発売の『センゴク天正記5』買ってくるの忘れた。


GOEMON (幻冬舎文庫)
  (講談社コミック)


コメント
この記事へのコメント
GOEMON
面白そうですね!
わたしも来週観に行こうと思ってます。

この間のNHKのヒストリエで伊賀天正の乱を扱っていて、百地家の子孫の方が「このあたりの人は皆そうだと思いますけど、織田信長っていうのは、やっぱり許せない」とおっしゃっていて、今でも現地ではそういう感情が残っているんだなあと、びっくりしました。

ご存知かも知れませんが、人様のブログでこんなのが紹介されていました。

「信長の、君への想い」
ttp://maker.hanihoh.com/d/?hanihoh_0
よくあるおばか占いですが。
ちょっとなごめるかも?

2009/05/03(日) 12:52:27 | URL | yumibow #rt6x3lBE[ 編集]
びしっと!
yumibowさま、こんばんは。

ヒストリエ、私も見ました。
百地さんのお言葉は、現実なだけに、ものすごい凹みました。
魔王・外道・鬼畜呼ばわりされるのは慣れていたつもりだったのですが、重みが違いました。
身の引き締まる思いです。

>君への想い
いや、何だか、私、土田御前にびしっと云ってやらないといけないみたいです(笑
想いというか、お願いされました(ええ?

GOEMONはお勧めです。是非ぜひ!
2009/05/04(月) 01:38:13 | URL | 龍華成(管理人) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/474-6313039f
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。