font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
吉川信長公は横顔が素敵。


今日は尾張でも雪が舞いました。
岐阜に出勤していった妹1が積雪で立ち往生して、
朝から龍華家は大騒ぎで御座いました。
でも、明け方、舞う雪に目を上げると満月に近い月が
西の空に輝いていて、雪月を愛でる事が出来ました。
これで花があったら、日本人冥利に尽きるってもんだ。
桜のつぼみが気になる今日この頃、龍華です。


以前、メモに、御屋形様弓掛けの桜があるという、
岐阜県各務原市にある手力雄神社を書いておいたのですが、
今朝、立ち往生中の妹を迎えに行くだの何だので、
見ていた地図で『手力』という地名を見つけたので、
ちょっと調べてみました。

手力雄神社(岐阜市にもあるけど、各務原の方)
公式HP?→http://jin.eek.jp/

御屋形様が稲葉山攻略の折に、戦勝祈願をなさったそうです。
その後、禁制を出し、土地を寄進され、弓の稽古をなさった時に、
弓を掛けておいた桜があり、その2代目が今も咲いているそうです。
永禄10年の禁制が残っていて、市の重要文化財になっています。

寄進することになった経緯についての昔話が紹介されていました。
(HOMEページへのリンクが千切れていたので、載っけて駄目
 だったらごめんなさい。→http://www.geocities.jp/unumajukujuunin/
mukasihanasi/tetikarao.htm)
稲葉山攻めの折、各務原に攻め込んだ御屋形様が、
手力雄神社に火をかけんとしたそうです。
(何でかは聞かないでv
すると突然、風が吹き荒れ、霧が立ち込めました。
霧に包まれた御屋形様は、目がくらみ、
息が苦しくなって、落馬してしまったそうです。
『ごめん!俺が悪かった!!!』
と云ったかは分かりませんが、手力雄神社に参拝し、
詫びると、霧は晴れ、体も元に戻ったそうです。
それ以来、御屋形様はこの神社を篤く敬い、
神社から見える土地をすべて寄進したのだそうな。

御屋形様かっこ悪!(笑
いや、でも面白いお話が残っているんですね。
紹介して下さるサイトさんまであって、ありがたいことで御座います。
とりあえず、叡山攻めにこの経験は生かされていない、
ということですね(笑
御屋形様と、桜、というどんぴしゃなセットの神社なので、
一度参ってみたいところで御座います。
今朝の雪のおかげで、またひとつ勉強が出来ました(人∀`●)アリガトゥ♪


ここのところ、日曜日が夜出勤なので、大河は録画で鑑賞です。
第二回の天地人。
喜平次がものすごいいい男に見えました。景勝のくせに!!
与六(直江)が成長してしまって、ちょっとがっかりなのですが、
対織田戦が増えそうで嬉しいところであります。
御屋形様のご登場は、これまたちょびっとでしたが、
先回は毘沙門天には敵わない、とか仰ってて、
今回は、山の神が攻めてきたから逃げる、とか、
言動はヘタレなのに、何だか偉そうでウケました。
吉川信長公は正面から見ると、うううん。って感じなのですが、
ちょっと映った横顔がものすごい素敵に見えました。
いや、私が横顔フェチなだけかな(笑

それにしても、上杉は謙信公とか景勝とか何であんなに
格好良いんだろうなぁ・・・(垂涎


どうでもいいおまけ。
090110_142528.jpg
愛車のおどめーたー。
どうしてもこの数字には心ざわめいてしまう。(末期
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/453-db1652f9
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。