font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
建仁寺で庭拝んでる人がいたら、織田ファン。その2


昨夜は、またも職場に半強盗みたいな万引き犯が出て凹んだので、
仕事帰りに『レッドクリフ』を見に行ったら、曹操さんのあまりの
素敵さ加減にゲフゲフして、疲れたので寝ちゃいました。龍華です。
(チャン・フォンイーかっこいいよー


さて、
日帰り京都旅つづき。
今宮神社
大徳寺前のバス停からだと、3つか4つ離れていますが、
総見院から歩いてすぐです。
総見院の前の道を西に行くと、学校の校庭の見える交差点に
出ますので、右手に↓門が見えます。5分とかからないはず。
081121_142012.jpg
御屋形様の遺骨が納められていると云う阿弥陀寺が
移転させられ、跡地に織田稲荷神社が建てられていたものが、
後に今宮神社に合祀されたそうです。
阿弥陀寺の移転前が今出川大宮(現在地の少し南)らしいので
そこにあったんだと思うのですが、そこから今宮神社って北西の方に
結構離れているのですが、どうして今宮神社だったんでしょう?
ほいでもって、どうしてお稲荷さんなのかしら?
081121_142935.jpg
南の門から入って、正面に拝殿、その奥に本殿があります。
拝殿の左手に、紫野稲荷社と書いた朱鳥居がありまして、
祠が3つ並んでいます。その一番右側が織田稲荷神社です。
看板も何も立っていません。おまけに、祠を下から覗き込まないと、
織田稲荷神社かどうかも分からないと云うすごいことになってます(汗
081121_143028.jpg
東門の方には、有名なあぶり餅のお店があるそうですので、
どちらかをついでにお越しになるのが良かろうと思います。
管理人は食べ損ねました(というか、忘れてた・・・笑


次の目的地は建仁寺。
御屋形様の供養塔があるらしいとのことで行ってみました。
京阪の四条駅か、市バスの南座前、京阪前で降りて、
四条通を八坂神社のほうへ歩くと、南側(右手側)に
花見小路がありますので、南下して突き当りです。
祇園のバス停からなら、八坂さんを背に鴨川へ歩いて左側。
確か拝観料が500円で、入館は午後四時まで。
特に特別公開の時期だったわけではないと思いますが、
随時拝観可か分かりませんので、確認してから行って下さいね。
本堂が入場口で、方丈の南面するお庭の角に供養等があります。
081121_155054.jpg
織田有楽斎が御屋形様のために建てた供養塔だそうです。
結構大きめの七重の石塔ですが、方丈内の説明文がないと、
完全に枯山水のお庭に溶け込んで気付きません(汗
方丈の角の軒先で、手を合わせている人がいたら織田ファン確定です(笑
建物もお庭も大変美しく、法堂天井の双龍図も大迫力でした。
寺内南には信秀パパが再建した摩利支天堂もあります。
日も落ち、雨まで降り出したので、慌てて本能寺へ行きました。

↑暗すぎて心霊写真のようになってしまいました(汗

本能寺、大徳寺、建勲神社、阿弥陀寺、今宮神社、建仁寺は
お参りさせていただきました。京都市内には、あと、
要事前予約の大雲院と、通常非公開の妙心寺玉鳳院にお墓が
あるそうですので、そちらもいつかは参りたいと思います。
行くとなると大変ですが、色んなところで供養していただいていて、
慕われてらしたんだなぁ、御屋形様(たぶん・・・笑)
と思わずにはおられません。
一生かけて追っかけさせていただきます!!



メモめもMEMO
玉鳳院 2007年京の冬の旅 特別拝観
公開期間:1月13日(土)~3月18日(日)
コメント
この記事へのコメント
管理人様、こんにちは。
建仁寺の供養塔はそんな所にあったのですね。以前行った際、見つけられなくて悔しい思いをしました。案内板を見落としたのでしょうか……
その内もう一度行ってみたいと思います。

大雲院も、たまに特別拝観する時あるので、狙っていかれるとよろしいかと。以前拝観した時は、肖像画や茶器などの展示品があって楽しかったですよ。(順路に沿って歩くだけだと、お墓にたどり着けないという罠がありましたが(^^;)
2008/11/24(月) 16:42:39 | URL | ゆかり #HuBhO90w[ 編集]
大雲院の肖像画
ゆかりさま、こんばんは。
建仁寺の供養塔は受付の方に確認してから見に
行ったのに、それでもちょっと確信が持てなかったくらいの
ウォーリー加減(笑)でしたので、是非リベンジを(笑

大雲院の肖像画はよく本で見かけるので、
実物を拝ませていただけたら感動もひとしおだろうと・・・(涙
お墓だけなら門のところからお参りできるそうですが(教えていただきました)、特別拝観も狙ってみます!ありがとうございました!
2008/11/24(月) 21:33:10 | URL | 龍華成(管理人) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/436-8d4b0d9d
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。