font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

ほうこうの謎。
以下
完全に狼木さんへの報告書その2

第六回 衣装研究(馬揃え)

メールで送っていただいたのは、
全部、故事類苑に載っていた文書でしょうか?
古文ちゃんと勉強しときゃ良かったな・・・と思いました・・・orz
さて、


「ほうこ 布袴のよみくせ也、ほう反ふ也」(「倭訓栞」 前編二八保)

反=こ
で良いですかね。ほうこふなり。


「ほうこといふ事あり、きぬさしぬきうるはしくきて、
 そのうへに志たがさねきて、うへのきぬに志りつくりて、
 おびさして、さくをもつなり、ゑうはせず」(雅亮装束抄二)

布袴と云うのがあって、
きぬ(衣コロモの意でしょか、もしやそのまま絹?
下襲の下に着るなら単ヒトエか衵アコメ??)には
指貫を麗しく(うるはしく、美しく?壮麗な感じかな)はいて、
その上に下襲(したがさね)を着て、上のきぬ(服?袍?)に
志り(尻!?何!?袍の格袋ハコエを出す、又は束帯のように中にしまい込む、もしくは、下襲に別裾をつける、ってことでしょうか・・・・しりって・・・・しりって・・・・)
つくりて、帯さして(これは次のにもあるように、石帯をおびるってことでしょう)
さく(笏シャク)持つなり、
ゑう(よう?全く分かりません)はしない。


「布袴事 【反古裏円明寺殿(藤原實経)御筆、布袴は無別子細歟、只先如衣冠下衣ども著し、サテ其上に下重きて袍を著也、
 尻こそ如束帯著玉帯韈、 】常袍に著下襲指貫、是を布袴といふ、著用事は可随先規也、布袴の時は無文丸鞆帯野剣を帯するよし、
 文治三年十月の御記に見へたり、又布袴に不帯剣事も有也、(後略)」(桃花蘂葉)

今度は漢文かっ・・・・
布袴のこと、
反古裏円明寺殿(藤原實経)御筆(どこからが藤原さんの説明・・・?
布袴は無別子細歟(布袴は歟と違うところは無い?
只先如衣冠下衣ども著し(下着は衣冠と同じものを着て?
サテ其上に下重きて袍を著也(その上に、下襲を着て、上に袍を着る。
尻こそ如束帯著玉帯韈(またきた、尻・・・・束帯のように着て、玉帯と
韈(くつした・たび。しとうずのこと?・・・足袋の指先が分かれてないやつ)を着る。
常袍に著下襲指貫、是を布袴といふ(袍に下襲と指貫を着るのを布袴と云う。
著用事は可随先規也(どんな時に着用するかは前例に倣え?無茶な訳だな・・・
布袴の時は無文丸鞆帯野剣を帯するよし
(無文丸鞆という石帯の一種らしい、を帯び、
野剣(野太刀?背負うの??)を帯びる、と文治三年十月の
御記(何の文書?)に書いてある、
また、布袴に剣を帯びないこともある



「常ノ袍ニ指貫ヲ著テ、下襲剣笏ヲ用ルヲ、布袴ト云(後略)」(西三条装束抄)

通常の?袍に指貫をはいて、下襲を着る。
剣を帯び、笏を持つのを布袴と云う。
(剣笏という代物があるなら別ですけど・・・むぅ



「摂政直廬ニテ叙位叙目等以下ノ公事ヲ行フ時著用之、或ハ大臣等拝賀トシテ来入ノ時用之、此外四方排、神社参詣、
 執聟ナドノ公事ニアラズシテ、無止事時皆例アリ、又摂政関白ナドノ前駈魏々タル時用ユ、或春日詣ノ御前ノ弁少納言等
 著用スル也、将軍家ニモ用ラレ侍ル也」(西三条装束抄)

うううむ。どんな時に着る、というのが書いてあるんですよね。
公事って・・・公事方御定書しか出てこんよ・・・公務と見るべき?
前駈・・・やはり、馬に乗る時に関係するのでしょうか。



「(前略)
 摂家
 永祚元年四月八日、法興院摂政(藤原兼家)競馬ニ、直衣布袴ヲモチユ、
 正暦年中ニ、御堂関白(藤原道長)曲水宴ノトキ、紅梅ノ直衣、火色ノ下襲、紫ノ織物ノ指貫ヲ著ス
 凡直衣布袴ハ、其日第一ノ公卿ノ取意也、下トシテハ斟酌アルベキヨシ、家ノ記ニ見エタリ」(西三条装束抄)


永祚元年四月八日に、藤原の兼家が競馬の時に、直衣布袴を着た。
正暦年中に、藤原道長が曲水宴の時、紅梅の直衣、火色の下襲、
紫の織物の指貫を着た。
凡(おおよそ・・・だったっけ・・・汗)直衣布袴は、
其の時の一番偉い公卿が着るものであって、
一般人?は着ない方が良いでしょう(ほんまかいな)と、
家の日記?に書いてある。
直衣布袴とは、下襲をきて、(裾もあるのかな?)指貫をはいて、
直衣を着るもの、古い時代は石帯もしたらしい。
っていうか、道長真っ赤だな(笑



故事類苑難しすぎヾ(*`Д´*)ノ
(某の頭が足らなさスギ・・・



とりあえず、袴が指貫なのは、確実ですよね。
でも、それを踏まえた上で信長公記を読むと、

御内府の御装束、御眉にて、きんしやを以ってほうこうめされ

ほうこうが錦紗で出来ているはずなのに、

御肩衣、べにどんすに、きりから草なり。御袴、同前なり

袴が紅緞子で出来ていると、書いてある・・・・・・・・・・牛ちゃん!(怒
やはり、ほうこうは角川の注どおり、儀礼の際着用する衣装の総称とだけ捉えたほうが良いのでしょうか。
でも、肩衣は儀礼用で良いの??
ほうこうの謎は解けたのに、別の穴にはまった感じです・・・・・
教授の仰るとおり、信長研究者になりませんか?(をいをい
コメント
この記事へのコメント
本日午後10時テレビ東京
『美の巨人』 戦国時代謎の西洋騎馬図・信長の夢の跡・・・

って、なんでしょ~?

龍華様におかれましては難問に取り組んでいらっしゃるようですが・・・がんばれ~(そんだけか!^^)
2007/12/15(土) 18:59:37 | URL | 神戸御前 #IJLy2nxY[ 編集]
で、出たの!?
神戸御前さま
御覧になられましたか?
テレビ欄チェックしていたはずなのに、
うっかり大韓航空機のドラマを見ていて、
気づいた時には最後5分で、もうアウトでした(涙
お出になられたんでしょうか、御屋形様。
ぎゃー!気になるー!!

ほうこう。頑張っております、狼木さんが(爆
理想の御屋形様を描くためですから!がんばります!
2007/12/20(木) 01:22:16 | URL | 龍華成(管理人) #-[ 編集]
す、すげー……(汗
凄いっすね……(汗

自分は漢文は何とかなるんですが、古文はどうにも……(汗
頑張ってくださいませ……ジャンルが微妙に違いますけど(汗
2007/12/20(木) 23:49:41 | URL | 河村真就 #aYDccP8M[ 編集]
勉強し直し隊
古文も漢文も高校時代、完全にフィーリングで読んでいたのが今頃あだに・・・・・
人生は短く、研究は長い。
ですね、本当に。
ジャンルがかぶった時は、お知恵を拝借いたしたくー!!m(_ _)m
2007/12/23(日) 01:00:17 | URL | 龍華成(管理人) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/330-27fbb6c0
この記事へのトラックバック