font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんでそこだけ内府なんだ!!
昨日のファイテンションスクール。
のぶながくん、一瞬しか映らなかったですね(涙)龍華です。



以下
完全に狼木さんへの報告書。

第五回 衣装研究(馬揃え)


内府=だいふ
の件は、確か、なんかの辞書を引いた(電子辞書か広辞苑?)
んだと思います。だので、何かの史料を読んだとかではないです。
内府=内大臣
は、あってますよね?
とすると、第一回の時に、任じられていない、と書きましたが、
信長公記巻九に、

『天正四年丙子十一月二十一日、
重ねて、信長、内大臣ニ御官を進められ(云々』


とあるので、内大臣にはなってるんですね。
ウィキペディアの内大臣のページを見ると、
歴代の内大臣の一覧が載っているのですが、それによると、
御屋形様の任期?は1576年~77年までで、
その後は二条昭実(にじょうあきざね)、天正九年の馬揃えの頃は
近衛信尹(このえのぶただ)が内大臣のようです。
その後、秀吉も家康も内大臣になっているようなので、
みんな、内府じゃん・・・・・・・・orz

で、馬揃えのところだけ読んでいて気づかなかったのですが、
信長公記って、基本的に御屋形様のことを
「信長公」か「信長」(呼び捨てかいっ!
って書いてるんですね。なのに、どうしてこの記事の時だけ、
しかも、この描写の時だけ、わざわざ「御内府」って書いたんでしょう?
もしや、別人!?
とも疑ったのですが、こんだけ行数費やしといて、
御屋形様じゃないなんてこと、ありえないだろう・・・と思い直し(汗

で、
ほうこう=奉公?
の件、
周辺で、ほうこう、が使われているのを上げてみると、
直前の御爆竹の事
『その次を信長公、黒き南蛮笠をめし、御眉をめされ、
 赤き色の御ほうこうをめされ、唐錦の御そばつぎ(云々』

直後三月五日の馬揃え
『御装束は黒き御笠に御ほふこふ、何れもめされ、
 くろき御道複に御たち付け、御腰蓑させられ候なり(云々』

八月朔日御馬揃への事
『八月朔日、五畿内隣国の衆、安土にあり候て、御馬揃へ。
 信長公御装束、しろき御出立。御笠にて、御ほふこふめされ、
 虎皮の御行縢、葦毛の御馬なり。近衛殿、其の外、御一門御出立、
 下には白き帷、上には或ひは生絹の帷、或ひは、辻が花染め、
 抜下にして、袴は金襴、鈍子、縫物、蒔絵、色々なり。
 御笠、思ひ思ひ、何れも御ほふこふにて、御馬めさせられ(云々』


あぁ、もう手が冷たくなってきました(しもやけおててがぁ~
分からなすぎる・・・・・探せば探すほど、ドツボにはまっている気が・・・
っていうか、ほうこう、と、ほふこふ、って別物・・・?
とかいうのはやめてよ?牛ちゃん・・・(必死
袴が蒔絵って何だね?
笠と頭巾と一緒にかぶんないでよ・・・・(想像を絶した・・・orz

うおー!頑張りましょう!!
卒論終わってからー!!!(他力本願




それにしても、馬揃えしすぎだわ、天正九年(笑
コメント
この記事へのコメント
はんぞう、“ほうこう”調べといて(笑
御屋形様ホント、一瞬でしたね~(2回目に発見)
お父さんは悲しいぞ・・・って!ちが~う!
残念ながら一人身ござる(笑?泣?

しかし、『ほうこう』は謎ですね~
私も自分で馬揃えの記事を書いた時に調べたんですが分かりませんでした。

“牛ちゃん”の書き方からすると顔や頭部(上半身?)に着けるモノのようですよね?

ほうこう=ほおこう(頬甲)と考えると面頬のことかなと考えたり、“縫コウ”とすると顔(目から下)を隠す布(織物)かなとも思ったりしていますが、不明ですね。

はんぞう君の調査結果を待つしかありませんな(笑
2007/12/02(日) 10:33:14 | URL | 織田 創 #RoHUgdWQ[ 編集]
龍華殿
信長公記 角川文庫P338
御布袴か。布袴は束帯に次ぐ宮廷の礼服。しかしここでは儀礼の際着用する衣装の総称という意味で用いているのであろう。

と注記されてます。

布袴ですが、菅原神社蔵織田信長画像がそれらしいのですが、私には、束帯との差がよく分かりません(笑)
2007/12/02(日) 22:51:58 | URL | k2 #-[ 編集]
大徳寺総見院
信長公記までは私とても手が出ません・・・管理人様の熱意に脱帽です。ぜひ解明して御報告
2007/12/03(月) 12:11:31 | URL | Q #-[ 編集]
すみません途中でした↑
うっかり送信してしまいましたorz
先日、総見院の特別拝観に行ったのでそれを訴えたかったのですが・・・木像はとても立派で、大徳寺全体がステキな所でした。(旅費でもうお金ないです)
でもこれは観光でもありますから、信長公記を研究するのには及ばないなあと・・・ぜひ馬揃え衣装を解明して下さいませ!眉ナシは当時の感覚でカッコよかったのかが一番気になります。

あ、ファイテンションスクールは一瞬でしたね。
こうなったら最後まで見届けますよ、私(笑)
2007/12/03(月) 12:54:15 | URL | Q #-[ 編集]
ほうこ
>織田様
わーっ!失礼しました!
管理人の脳内では完全に一男一女のパパで、美人な奥様がおられるご家庭が出来上がっておりました(汗
来週は出てくださると(台詞つきで)良いですね(涙
牛ちゃんも、ひらがなで書くから・・・
個人的には、顔を隠す布路線が希望です(希望かね・・・笑


>k2様
・・・・・・・・・・・・・っ!!!
すみません、実は、
k2様なら何かご存知なんじゃないかな~
と期待しつつ、この記事書いてました(陳謝
布袴(ほうこ・ほうご)
束帯と全く一緒で、袴が指貫になっているものらしいですね。
菅原神社のは・・・手元の本に載っているのは足元が切れてて見えません(汗
でも、束帯の大口袴の赤色がみえないので、そういわれるとそうかも・・・(平緒もついてないですね)
角川の信長公記も買います!!冬のボーナスで!!(笑


>Qさま
大徳寺御参拝(?)おめでとうございます!!
岐阜、京都と立て続けの御旅行・・・・出費もかさみますよね!
某は旅行は100%全力でミーハーしに行っているので(*≧▽≦)b
眉毛無し、はどうにかならんもんでしょうか・・・
これでお歯黒までされたら、某、立ち直れません・・・・(落涙

ファイテンション!!
どんなにちょい役でも見届けましょう!どこまでも~!!(笑
2007/12/04(火) 12:16:23 | URL | 龍華成(管理人) #-[ 編集]
必殺私信返し!
ということで(だからメールしなさいな

ほうこうわからんわ!w
でも奉公ではないですね。
でも解決策?がでてきたようなので、私もそっちの路線調べてみますね!
ええ、大学生ですもの、図書館大活躍!
(だから卒業したくない……)

ちなみに、憶測ですが頬甲なら、ほうこうではなくほおかうとかになりそうなかんじもします……に…日葡辞書!!(泣

内府=内大臣ですな。
そして、たま~に公家の文献に「前右府様」なんていう記述もあったりする(その上誤字してたりする)上、私たちが見てるのは写真帳ではなく市販の明朝体ですので、こればかりは実際見ないとなんともいえませんね^^;
(えと、御右府って本当に「御」か?ということですな)
でも、アレだけ書いてるんですからおそらくその記述は御屋形様でいいんじゃないでしょうかw

あと、笠と頭巾は一緒にかぶります(経験者w
む、アレは烏帽子か。でも基本素の頭にはかぶりませんよ、こういう晴れの舞台は。


成さん、諦めましょう。
教授に聞いたところ、御眉といえばもう……ということらしいので。
2007/12/04(火) 14:07:07 | URL | 狼木蘭花 #-[ 編集]
お疲れ様ッス!
卒論完成おめでとうございます!
今頃提出に向かわれている頃ですかね。

頭巾&笠。
見ました。藤沢周平の時代劇で、
大石内蔵助の暗殺をたくらむ一味が、
ほっかむりみたいな頭巾の上から
旅用の笠みたいの被ってました。
鷹狩りの時のあやいがさ?の下も
何か被ってるってことですかね。

実物&紙媒体、実際見られたらいいんですけどね。
実物なんて素人が見られるわけないし、
巨大辞書系なんて、大学入る以外、
どこで探したらいいんでしょう・・・・・・
(名大とか一般人入れたかな・・・?)
道のりは果てしなく険しいッス!
でも、皆さんの力を借りて往くッス!(頼る気満々)

まゆ毛はね・・・・・うぅ・・・
月代もまだかっこよく描けないというのに、
麿まゆげまで要求するのですか、御屋形様・・・(涙
頑張ります!!(若干やけくそ
2007/12/13(木) 09:44:39 | URL | 龍華成(管理人) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/328-afe02738
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。