font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

スランプなので、本を読む。
いきなり私信
紺坂さんへ
あまりにスランプすぎて、スケブが描けていません。
年内にはお送りしたいと思いますので、もう暫くご猶予をm(_ _)m


どうも、この間のオンリーイベントに心血を注ぎすぎて、
思うように絵が描けません。(いや、描けた例もないのですが・・・汗
と云う訳で、
書きそこなっていた、読書日記をつれづれに。

10月21日購入の漫画
カッパ天国』 森下裕美 竹書房


春風仇討行』 宮本昌孝 講談社


蘭丸祭りの帰りに寄った小牧の古本屋で見つけました。
偶然と云うのは恐ろしいもので、この本の存在を知ったのが、
漫画家の松山花子氏のHPで、その松山氏はなんと、その
蘭丸祭のポスターを毎年描いていらっしゃる方、なのです。
その祭りに参加した帰りに発見するなんて・・・・・運命ですね!!
(はいはい

カッパ天国の方は、4コマ漫画で、どうも、『少年アシベ』
の作者の方の初期の作品のようです。
この一部が戦国ネタになっておりまして、

カッパな御屋形様が拝めます!!

ええ、頭にお皿を乗せた、キュウリの好きな、うっかり川流れちゃう、
あの河童です。
猫な蘭丸、ワニな濃姫様、ねずみ?な秀吉と光秀に、
カッパの御屋形様がひたすら虐げられています。
こんな不幸な御屋形様、初めて見ました(笑
家でも会社でもこき使われるサラリーマンの悲哀が背中から
滲み出しているオーラの欠片もない御屋形様でも耐えられる
方はどうぞ(笑


『春風仇討行』は短編集で、そのうちの
「蘭丸、叛く」に御屋形様ご登場です。
もう一作「瘤取り作兵衛」にも、ちらりと出てらっしゃいました。
えー、何と言ったら良いか、かなり語弊を招く表現だと思いますが、

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!
(攻メ蘭チャンキタヨー)


蘭丸はある日、御屋形様が、松千代という美しい小姓を
目にかけていることに気づきます。
夜伽に呼ばれるおつもりか・・・?と嫉妬を抱きつつも、
先に他の小姓に手を出されては困ると、蘭丸は松千代の
念友(衆道の関係であること)のふりをすることにします。
おかげで、松千代と関係を持とうとする者はいなくなりましたが、
何日経っても御屋形様は松千代を床へ呼ぼうとはしません。
安堵しつつも不思議に思っていると、ある夜、
刺客が松千代の命を狙うという事件が起こります。
そこで蘭丸は、松千代が御屋形様の息子であることを知るのですが・・・


と云う訳で、
腐女子は読んで損はない!!
蘭丸が松千代を守ってあげるものだから、
松千代もその気になってしまって、
抱いてくれ、と松千代に迫られて、
困っている蘭丸が可愛くて仕方がありません!!
本能寺のくだりは泣けます。
蘭丸ももちろん可愛そうでしたけれど、
御屋形様が報われなさすぎて、ものすごく凹みました。
腐女子な管理人と波長が合うな、と云う方がもしおられましたら、
心から御一読をお勧めいたします。


最後に、この時、いっしょに見つけた本を
メモ代わりにのっけておきます。
tumanga.jpg
バーコードも、ISBNもついていない不思議な本です。
津市民フォーラム事務局発行、と書いてあるので、
津市関連で自費(公費?)で出された本なのかな?と思います。
内容は、お市の方と茶々の漫画、やたら強い津城主の妻の漫画、
藤堂高次とか云う若殿が町娘に恋しちゃう漫画と、津に残る
伝承についてのエッセイ。でした。
何ともいえない味のある絵・・・というか、105円で売ってたのに、
ちょっと買うのを躊躇う感じだったというか・・・・・・・
世の中には凄い本があるもんだと思いました。
コメント
この記事へのコメント
少年アシベ
読んでました!御屋形様のカッパと同じ顔のキャラが、やっぱり虐げられてました(笑)
松千代って、何で読んだか忘れましたが
仕事中居眠りしてるのを御屋形様が発見し、
普通なら罰するのに背中に上着をかけてあげたという子でしょうか?(真偽をよく知らないのですが)
どうでも良いですが、信長プリクラを撮りに行ったら
台を間違えましたorz そのうちリベンジしたいと思います。
でもフレームに御屋形様がいるんじゃなくて、スタンプの一つにイラスト的御屋形様があるらしいです・・・。
2007/11/23(金) 14:37:44 | URL | Q #-[ 編集]
松千代丸を思い出す
Qさま
<カッパ
戦国ネタのところはごく一部なのに、
他のカッパが虐げられていても、
御屋形様が虐められているようで切なかったです(笑
<松千代
そうですそうです!その松千代です!!
そのような懈怠、他の者ならお許しにならないのに・・・・怪しい・・・・by蘭丸
ってやつです。
松千代と聞くと、どうも佐々の嫡男の松千代丸を思い出して、妄想に走ってしまいます(汗
<プリクラ
スタンプ?
最近?のプリクラは自分たちで色々書き込みが出来るらしいですが、その機能の一つですよね?
とか、書きながら、自分歳幾つだよ・・・と思ってしまいました(20代です
リベンジ達成されましたら、またご一報くださりませ!!
2007/11/24(土) 03:26:25 | URL | 龍華成(管理人) #-[ 編集]
ボーイスカウトで思い出した!
宮本昌孝さん著『ふたり道三』の四巻最終章に、15歳の御屋形様が4人の悪童を引き連れて道三に会いに行く・・・っていうのがあるんですが
その4人とは・・・「万!勝三!犬!与左!」で、丹羽くん、池田くん、前田くん、佐々くん(出たよ!)なんですよ~
薄汚れた5人組なんだけど、道三いわく「よくよく見ると皆高貴な顔で、一人図抜けて目鼻立ちの整った子がいる(もち織田くん!)」・・・きゃー!!!(笑)
カッコイイ4人引き連れて、さらにひときわ輝く御屋形様・・・めちゃくちゃ素敵じゃありませんか!

5人で野山駆けずり回ってたんだろうな~(妄想・・・)
やっぱ、ボーイスカウトのリーダーだ!
2007/11/27(火) 14:36:58 | URL | 神戸御前 #IJLy2nxY[ 編集]
ふたり道三
>神戸御前さま
やはり出てらっしゃるんですね、御屋形様・・・未チェックでした!!
探します!!

5レンジャーだよ、御屋形様vv
うわー、後ろにその四人侍らせたいですなー。
というか、宮本氏、佐々を入れてくれてありがとう!!(感涙
2007/11/28(水) 12:04:01 | URL | 龍華成(管理人) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/323-b3beb2e4
この記事へのトラックバック