font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

鈴木輝一郎『戦国の鬼 森武蔵』
何とか原稿を描き上げました、龍華です。
読み返すにつれ、ああ、私、佐々が好きなんだわ、本当に。
と思いました。ぶっちゃけ佐々本です。すみません。

さて、昨日購入の書籍
戦国の鬼 森武蔵』 鈴木輝一郎 出版芸術社

待ちにまった鈴木氏の新刊、『戦国の鬼 森武蔵』。
主人公は、鬼武蔵こと、森長可。蘭丸のお兄さんです。
物語は、長可幼少時~小牧長久手の戦いまで。
相変わらず、裏表の激しい御屋形様に、うはうはしながら読んで
参りましたが、3分の2で本能寺を迎えてしまいました。
しまった・・・これ以後、読む気がせん(爆
御屋形様を愛しすぎるが故の弊害ですね。
本能寺以後の興味がぷっつり失せるんです。
すごい良い感じだった、御屋形様もお蘭も、信忠も団平八郎も、
一気に本能寺で死んでしまって、残ったのは長可兄さんと、恒興だけ。
兄さんも恒興も好きだけど、あと3分の1はきついわー(涙

父、可成の死によって、13歳で森家当主となり、
兼山の城持ちとなるものの、自らの武功で得たものではないために
受ける侮りや謗りを懸命に跳ね返そうとする長可の奮闘の物語、です。
歳若の色白美男で小兵なものだから、侮られるわ舐められるわで、
可愛そうです、長可兄さん。
弟蘭丸は秘書官としての天性の才を発揮して、みるみる出世し、
その為に受ける誹謗中傷を、俺が槍で消してやる故、惑わされず、
奉公するように、と啖呵切った兄さんがすごくかっこよかった!(涙
個人的に、それに輪をかけてかっこよかったのが、信忠です。
父信長から、その容姿と非情さを色濃く受け継ぎながらも、
森兄弟や家臣に示す情愛の深さや、織田家の嫡男にもかかわらず、
父にとっては捨て駒に過ぎぬのを悟って飄々と戦に出かける信忠が
良い男ぶりでした。
蘭丸はあまり出てこない印象です。
才気走り過ぎて、嫌われてる、というか兄さんにまで、
鼻につくのがいかん、と言われている始末でした(笑
それでも、御屋形様のためだと信じて遠慮しないお蘭も可愛いんですけどねvv
御屋形さまは、そなたの父と兄を殺したのは私だ、すまぬ。
と長可の前で涙を見せたのに、このことを漏らしたら殺す。
とか平気で云っちゃうへそ曲がり加減にどうしようもなく悶えました(笑
人は決して信用しないが、一端信用してしまうと、
とことん甘えてしまうとか云われているところも可愛い。
その甘え方もへそ曲がりなんだろうな、とか想像したら・・・ふふふ。
お蘭との夜伽シーンを期待しておりましたが(爆)
残念ながらそのあたりは無かったです。読者の期待通りの
ものを書いていちゃいかんですよね、作家さんは、たぶん。
でも、読みたかった(をい

とりあえず、最後まで読もうと思います。
秀吉に丸め込まれ、腹蔵のありすぎる家康にまんまとやられるのも
何だか癪ですが・・・。
とにかく、信忠と恒興が素敵です。
死して残せよ~、戦国の凰~ほどお勧めはしませんが、
勝三郎らばーには貴重な一冊かと拝察いたします。
コメント
この記事へのコメント
避けて通れぬ本能寺
うっは~~~・・・三分の二で本能寺~;;
やっぱり今は読めないかも・・・
『鬼と人と』読んじゃって、もう激しい虚無感・虚脱感に襲われまして(涙)「光秀~なんなんだよその最後の一言は~」って感じですよ(涙)
おまけに 《東京ガス》め!おまえもか!

で、例のごとく「本能寺で死なないやつ」のリストの中から図書館で予約しまくりまして、現在手元に『信長帝王記』『洛陽城の栄光』『信長欧州遠征記』と三篇あります(笑)
これで浮上できるでしょうか?
「いかがいたしましょうや、龍華様」

話は変わりますが、本日《時代劇チャンネル》で『豊臣秀吉(勘三郎パパの)』やってて、子供時代が秀逸でした
チビ秀吉はむっちむちのぷっくぷくの柴犬の子犬みたいな勘太郎くん。家柄血筋のいい、品行方正を絵に描いたような人質・竹千代は七之助くん。そして、新之助改め市川海老蔵くんの吉法師は、色男系超セクシーなうつけ殿に仕上がってます・・・こんな吉法師なら、後家の吉乃さんも簡単に堕ちるでしょう(笑)
大人になってからは・・・いまいちです
七之助が成長して、何故竹中直人になるのか・・・?全くわかりません

・・・・・来週、本能寺です(涙)
2007/11/03(土) 17:17:55 | URL | 神戸御前 #IJLy2nxY[ 編集]
結局読んでないし
皮肉にも、桔梗色のしおり紐が3分の2の位置に挟まったまま、微動だにしておりません。
こんばんは、龍華です。
『洛陽城~』だけは持っておりますが、
結局正しい歴史の流れ(本能寺)に戻っちゃう、というオチだったような記憶が・・・・(御前様、が、頑張って!

>豊臣秀吉天下を獲る
それにつけても羨ましや、時代劇チャンネル・・・(垂涎
勘太郎・七之助・新之助の三英傑は、
すごいなぁ・・・と思いながら見てました(再放送)。
むちむちな秀吉が可愛かったです。
ひょろ長い御屋形様もちょっとキタ(笑
七之助好きの妹も、竹中さんになったのを見て、悶え苦しんでおりました(笑
ちなみに、仲間がいたよ!と教えたら、「竹千代は泣かぬ!」とモノマネしてくれました。
う・・・久しぶりに見たくなってきました。
(けど、DVD何処行ったー!(涙
2007/11/04(日) 23:14:36 | URL | 龍華成(管理人) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/312-9acddd79
この記事へのトラックバック