font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

おねへの手紙 本物シリーズ第二弾
地元、中日新聞に、昨日今日と御屋形様の記事が掲載されましたv
地元に住んでいて良かった!と思う瞬間です(感謝

onehenotegami.jpg
(切り抜いちゃうのは愛故に・・・笑)

と云う訳で、
長興寺の肖像画に続き、本物シリーズ第二弾(笑


『おねへの手紙』が初公開!!


安土城にお土産を持って挨拶に来た、おね(秀吉の妻)へ宛てた
お礼の手紙で、御屋形様のお優しさがにじみでた有名な手紙です。
文面は、意訳すると、

 たくさんの土産をありがとう。
 お礼の品を持たせようと思ったが、
 あまりに素晴らしいものばかり
 だったので、今回はやめておきます。
 しばらく見ない間に、一段と美しくなったね。
 藤吉郎(秀吉)が、(おねの?)不満を言っているようだが
 言語道断だ。
 こなたほどの妻を見つけるのは、あのはげねずみ(秀吉)には
 二度と出来まい。
 不満もあろうが、妻らしく堂々とかまえ、
 やきもちを焼いてはいけないよ。
 妻であるから、言うべきことは言うがよいが、
 ほどほどにしてやりなさい。
 なお、この手紙は藤吉郎に見せてやるがよかろう

みたいな内容です。
白文は持っているのですが、訳にはちょっと自信が・・・(汗 

ああ、もう!なんてお優しいの!御屋形様!!(惚
鬼だの、外道だの魔王だの云われる御屋形様ですが、
本当はお優しい方なのですよ。
更にオタクっぽい萌え方をすると、
この手紙の最後に、こう↓署名があります。

藤きちらう
  をんなとも  のふ


藤吉郎おんなとも、は、おねのことですね。

 のふ (もちろん、信長、のこと)

って、可愛くないですか!?(笑
管理人、初めて読んだ時、悶えまくりました。
本文の方は直筆かどうか分かりませんが、
署名はご自分で書かれたものですよね、きっとvv
のふ、って名前を書く御屋形様・・・・・
ぎゃー!可愛すぎよー!!(ハァハァ


と云う訳で、悶えたい方、必見です(違
名古屋市、徳川美術館にて、7/21~9/2まで(月曜休館)
徳川美術館HP→http://www.tokugawa-art-museum.jp/
入場料1200円(私立は高いなぁ・・・・
先日の肖像画の展示と同じ時期にやって下されば、
遠方から来られる方も嬉しいでしょうに。
御屋形様ファンは地元民ばかりではないのだよ。


詳しくは、中日新聞Web記事
秀吉の妻励ます“人情家”信長の書状
  徳川美術館で21日から初公開

信長居館跡に「大道」 岐阜公園での発掘調査で発見



コメント
この記事へのコメント
先生!発作を起こされてる患者さんがココに!!(笑
またまた失礼しました(笑

あらためましてこんばんは!
今度の“本物シリーズ”は、おねへの手紙なんですね!これまた有名なのですでに公開されているのかと思いきや初とは。

はじめてこの手紙のことを知ったときは、それまでの御屋形様(と呼ばせていただきます)のイメージと大きく違ったので衝撃的でしたが、これを機にさらに御屋形様への“愛”が深まったのを覚えています(ここにも病人が・・・笑)
好きなエピソードのひとつです。

さて、本物シリーズ第三弾はなんでしょうね??
2007/07/13(金) 22:54:28 | URL | 織田 創 #RoHUgdWQ[ 編集]
キタコレ
今回、父にたきつけたら

「一緒に行くか」

と言う一言が!!!!1111

うわあああああ!!!成さん、ありがとうございます。
こいつはうれしい知らせです。ありがとうございますっっ!
ただ、じっくり見たいのでできれば父より、同じ感覚の義姉上と行きたい気分(ぉ

のふって、やっぱり萌えますよね。
だってのふですよ。信長じゃなくてのふ。
かわいすぎる……ぬあああwww
2007/07/13(金) 23:41:13 | URL | 狼木蘭花 #-[ 編集]
はじめまして、創殿のリンクからおじゃましました。信長への愛を感じる記事興味深く拝見しました。私のブログも是非リンクして頂きたくお願いします。
ねねの手紙の記事ありがとうございます。肖像画は見に行けませんでしたが今回は行きたいと思います。が、初公開とありますが、昔友人に展覧会での写真を頂いてまして(H6)初ではないと思うのですが、、、
2007/07/15(日) 22:17:10 | URL | k2 #-[ 編集]
第三弾は・・・
>織田様
この病だけは、いかな名医にも治せますまい(むしろ生きている原動力
いたずらを思いついたような顔をして、
この手紙を書かせている御屋形様を想像したら、もう・・・・(医者ー!
第三弾は・・・盆山とか?
発見されたら拝みに行きたいです(笑

>狼木さん
連休はもしかしたら無理かもしれないです。
(ここで返信するのか、自分)

のふ

萌えますよねvvvv
狼木さんなら分かってくださると思った!(笑

>k2様
はじめまして。管理人の龍華成と申します。
泰巖宗安記様のky2様とお見受けしますが、よろしいでしょうか。
というか、あれほど専門的で誠実なブログの管理人様に、こんなオタクサイトへお越しいただいたのかと思うと、非常に恐縮です。すみません。
おねへの手紙の、写真とは言え、実物を10年も前からお持ちとは・・・・k2様ほどの方となると、人脈も情報網も素晴らしいのですね!(羨ましい!!)
平成六年の展覧会のことですが、どうなんでしょう。
主催の中日新聞に問い合わせてみた方が良いんでしょうか。
新聞の記事には、戦後初公開、所有者が転々とした、とは書いてありましたが・・・
取材された方が、ご存じなかったのでしょうか。うううん(悩)
2007/07/18(水) 10:38:56 | URL | 龍華成(管理人) #-[ 編集]
龍華成様
こんにちは 、ky2です。すみません以前はk2を使ってましたので失礼しました。
こちらこそ恐縮します。私のブログも学問の観点からいうとほど遠いオタクなサイトだと思いますが。
オタク仲間として?リンクお願いできますか?
2007/07/19(木) 12:33:36 | URL | k2 #-[ 編集]
恐縮です(汗
ky2様

いえいえ、とんでもございません。
こちらこそ、よろしくお願い致します。
なるべく、真面目な方向でブログは綴って行きたいと思います。(たぶん無理・・・汗)
早速ですが、リンクを貼らせて頂きました。ありがとうございます。
どうぞ、末永く宜しくお願い致しますm(_ _)m
2007/07/21(土) 06:56:13 | URL | 龍華成(管理人) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/281-c1bb1eb4
この記事へのトラックバック