font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なま信長様(ちょっと違
いつもお世話になっている、織田創さまのブログに、
聞き捨てならない情報が載せられていました。

名古屋市博物館に、

御屋形様がおでましに!!!


http://www.museum.city.nagoya.jp/tenji0616.html

ええ、タイムマシンで本物をお連れできたらどれだけ良いかと
思いますが、そちらの本物ではなくて、かの有名な、長興寺蔵の
御屋形様の肖像画が、1週間だけ展示されるというのです。
しかも、滅多に本物にはお目にかかれないとか。
これは、行かずばなるまいて!!!

と云う訳で、本日から1週間。
名古屋市博物館で、生の御屋形様に会えます(笑
地元民はぜひお足をお運び下さい。
詳しくは、上記HPへ。

え、私ですか?もちろん行きます!!平日に(土日は仕事・・・
コメント
この記事へのコメント
御屋形様がっっ!!!
ちょ……日帰りで行きたいっっ!!
名古屋いいなぁ……

ちょっと親を説き伏せてきます。
あれだ、卒論の内容とほら、かぶってるっっ!!(無理
2007/06/16(土) 12:01:17 | URL | 狼木蘭花 #-[ 編集]
う~ら~め~し~や~・・・・
・・・いきなり失礼しました(笑
しかしホントうらやましいです!
地元な上に平日にゆっくり見れるとは!

私の分までしっかり目に焼き付けてきてください!

それにしてもGWにじゃなくて今の時期に名古屋に行くべきだったな~と思う今日この頃です・・・
2007/06/16(土) 20:56:31 | URL | 織田 創 #-[ 編集]
ぎゃー!でたー!!
わたしも、これが東京で公開されていたら、
ちょっと行くのはためらわれたかもしれません。
京都だったら行ってると思いますが(笑
お二人の分まで見てまいります!
早く来い来い、次の休み!!
2007/06/18(月) 01:27:14 | URL | 龍華成 #-[ 編集]
よう見るのじゃ~
姫、これは是非御覧になられた方がよかろう。やはり実物の紙質やら筆づかい、色使いには独特のものがあるでのぅ。
拙者も岐阜で数十年に一度しか展示しない斉藤道三の肖像画(本物)を見た時は、その絵から発せられる妖気に身震いした記憶がありますれば。
2007/06/18(月) 21:08:17 | URL | 参議 北來坊 #-[ 編集]
(´Д`)……っ!
なんかうらやましい話が展開されてる……

どうせ武蔵にはゆかりも何もないよーだっっ!!(あ、すねたw
有楽町っていっても、あそこは御屋形様本人ではないし……新宿のつけ麺屋「織田信長」で我慢します(あれ?趣旨ずれた……

確かに本物はいいですよね。とはいっても、絵画や美術品の研究もしてないので私には詳しいことはわかりませんが、義元左文字をみたときには10分位ショーケースにかじりついてて、友達や博物館の人に笑われた経験が……
レポート楽しみにしてます(・ω・)ノ
2007/06/19(火) 19:46:24 | URL | 狼木蘭花 #-[ 編集]
報告が遅れました
行ってきました!!
御尊顔を拝し、恐悦至極(感涙
後でまじめに(?)レポ書きますが、
色々×10幸せな一日でした!!
2007/06/22(金) 05:19:19 | URL | 龍華成 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/270-05b77bfe
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。