font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

戦国版「お帰りなさいませ、お嬢様(ご主人様)」バトン
狼木さんからまわってきました。
『ネオロマで「お帰りなさいませ、お嬢様(ご主人様)」バトン』
ただし、戦国バージョン(爆)
執事というか、傅役??

1.貴方のお屋敷には五名の執事がいます。
「我々をご紹介頂けますか?」


先鋒 前田利家
次鋒 森蘭丸
中堅 佐々成政
副将 明智光秀
大将 織田信長さま

光秀「お嬢様、執事の紹介なのでは?」
利家「お嬢!!オレが先陣だな。ありがとよ!」
佐々「利家、お嬢様にむかってその口の利き方は何です」
利家「別にいいじゃねえかよ、な?お嬢?」
「私は気にしませんよ。むしろ利家さんの敬語は恐いかも・・・」

佐々「そうですか、お嬢様がそうおっしゃるなら・・・」
お蘭「お嬢様!みなさん!お茶が入りましたよ~」
佐々「そうでした、今日の菓子は、堺から取り寄せた柚子餅ですよ」
「え!本当?私、大好きvvたくさんあります?」
佐々「ええ、もちろん」
「じゃあ、私の一個、信長さんにあげますね♪」
信長「気遣いは無用である。だがそなたの気持ち嬉しく思うぞ」
利家「なら、オレのお嬢にやるよ!」
佐々「だから、心配しなくてもたくさんありますから」
お蘭「何なさってるんですか~?冷めちゃいますよ~!」
「はーい!」

パタパタパタ・・・・・

光秀「あの・・・ですから、紹介は・・・・・」

2.執事には役職として執事全員をまとめる人間が必要です。
執事長は誰でしょう?

「大将です(笑)あ、でも、実務を取り仕切ってるのは
 光秀さん(外交)と成政(内政)さんです。
 信長さんは座ってるだけでいいんですvv」


3.執事の中には身の回りの世話ではなく厨房の料理を担当するものもいます。
「蘭丸くんです。お料理上手なんですよ?
 何でも上手だけど、お刺身は苦手みたいです。
 利家さんは、意外と鍋奉行だし、成政さんの作るスイーツは
 絶品ですし、光秀さんのかつら剥きは神業です。
 ・・・・・信長さんは・・・・何にでも味噌を入れる癖を直せばきっと・・」


4.執事が部屋に入って来た時、偶然貴方は着替えをしていました。
ドアを開けてしまった執事は誰でしょう?またその執事は何と言い訳しましたか?

蘭丸「ええ、私、見たんです。うちの大将・・・でなくて信長さんが
ノックもせずに、お嬢様のお部屋のドアを開けて・・・え?
信長さんはいつもノックなんてしませんよ?っていうか、
知らないんじゃないですか?ノック・・・で、どうもその時、
お嬢様が丁度お着替えをなさってたらしくて、しばらく
固まってたんですけど、そのまま何も言わずドア閉めちゃって、
表情はいつも通り凶悪だったんですけど、そうとう動揺してた
らしくて、階段踏み外して、盛大に転げ落ちてましたね。
あとでそれを聞いたお嬢様が
『信長さん運動神経良いのに、珍しいですね』
なんて、仰るもんですから・・・先が思いやられますよね、あの二人。
え?私だったら??もちろん押し倒しますよ。男ですから」


5.それでは五名、新たなお嬢様(ご主人様)を紹介して下さい。
遊びすぎました。ごめんなさい。
お持ち帰り自由でお願いします。
コメント
この記事へのコメント
家政婦お蘭!!!!(爆笑
でも押し倒すのね。さすが鬼小姓(最近なんかイメージがすっかりこんな風に^^;

よーし、今日こそUPするぞ、シナリオ(笑
2007/03/22(木) 20:09:40 | URL | 狼木蘭花 #-[ 編集]
ロミジュリ
ごめんなさい!今頃お蘭ED読みました。
狼木さんのシナリオ読んでると、色々書きたい場面が出てきちゃって困ります(笑)
ごめんなさいついでに、キャラ絵が出来てません。
もう春休みが何日すぎたことか(滝汗)
本当にごめんなさい。なのに、オロチに逃げました。ごめんなさい(逃亡)
2007/03/28(水) 11:17:01 | URL | 龍華成(管理人) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/241-b0333638
この記事へのトラックバック