font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おい、きんかん

ちょっと奥さん!

権六と五郎左が

素敵すぎて大変ですよ!!


と云う訳で、ドラマ『明智光秀』新年1発目の御屋形様。
テレビの前にべったり張り付いて観戦いたしました。
御屋形様のあまりの素敵さについては後で語るとして、
柴田勝家と丹羽長秀がとっても素敵だったと思いませんか!?
元々、柴田の隆大介さんも、長秀の本田博太郎さんも、かなり
好きな役者さんでいらっしゃいましたけれど、
猪武者な感じの権六といい、なぜか怪しげな長秀といい、
すっかり見惚れてしまいました。いぶし銀サイコー!!
隆さんは、映画『影武者』で御屋形様を演っていらっしゃったので、
上川さんと、隆さん、英明と、御屋形様が3人居る~~~(きゃ
と、ひとりで盛り上がっておりました。ちなみに、この前の時間の
番組で『愛エプ』がやってましたが、そちらには、
渡さんと舘さんと松岡君が出てらして、かなり悶えました(笑)

それから
お蘭キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!
マエガミキタヨー!

や~ん!浅利君ちょーかわいい!!
期待してたけど、期待以上に素敵でしたvv
すっかり青年。って感じに成長してて、また前髪の似合う事。
最期、背を射られて御屋形様の前に倒れこむところ、
決戦Ⅲの本能寺を思い浮かべた同輩はいないかしら?(無理
お蘭の亡骸に、悲しそうに寄り添う御屋形様の画は、もう、
腐女子のための演出としか思えませんでした(笑)

さて、
御屋形様。

ぎゃ~!そのおみ足を

お隠しになって(*/∇\*)
きゃ


なんでそんなに裾をまくるんですか、御屋形様!?
私の心臓を止めようって魂胆ですね!!(違
ああ、もう、ちらりずむサイコー!!
ってな訳で、
常に眠そうで退屈そうで、真剣に蚊と戦ってて、
肩こってるの?って感じの御屋形様でしたね。
すっごい恐かったですよ。
いつ怒り出すか分からないハラハラ感が充満してました。
上川さんはやっぱ役者ですね~。
最初ぱっと見たときは、「一豊じゃーん」と思ったのですが、
あんなに少ない出番だったにもかかわらず、
「ああそうよ、御屋形様ってこうだったに違いないわ。」
と納得させられてしまう御屋形様っぷりでした。
ここ最近は、あそこが良かっただの、ここがエロかっただのと
萌えてばかりでしたが、今回は感心させられてしまいました。
2時間ドラマで、あんなに新しい御屋形様を見せて貰えるとは
思ってもみず・・・・・上川御屋形様おそるべし・・・・・・。
ああ、でも、琵琶湖岸で光秀に、
「お前も来いよ!あははははは♪」(台詞は管理人の妄想)
と、水をかけていた御屋形様を見たときは、あまりにツボで、
壊れたように笑い続けて、家族を心配させました(笑)
やられたよ _| ̄|○


ありがとうフジ。
いかにもフジらしいはっちゃけたドラマでした。(褒めてますから
え?光秀??
どう妄想しても、賢しい利家にしか見えませんでしたorz
結局、秀吉にまんまと誑し込まれたのが分かってるのかいないのか・・
ああ、でも秀満は良かったですよ、贔屓目かもしれませんが。
妹2は大絶賛でした(笑)あと、玉も可愛かったです。

新年早々、いいもの見せてもらいました。
次は『風林火山』のがっくん(Gackt)ですね!!
コメント
この記事へのコメント
反応しました?^^
おみ足に反応した同志がいらっしゃって嬉しいです(笑)
光秀蹴るシーンでは太ももが限界まで露出されてるのをコマ送りにしてまで見ました!
究極のチラリズム!!

光秀に水をかけてはしゃぐ信長サマの姿は、見てるこっちが恥ずかしかったです///
私の個人的なツボは、寝ながら足をボリボリ掻く信長サマの姿でした(^^)
2007/01/06(土) 14:46:59 | URL | ぢぇん茶こじゃろう #RnlpOFzo[ 編集]
感心しました。
ここでは、米将軍と名乗ります。
貴ホームページによって、いろいろと勉強させていただいております。「明智光秀」というドラマを知ったのは、龍華様のおかげであり、感謝申し上げます。
小生は、このドラマに対して、当初、事実としてあり得ない内容自体が気になりました。しかし、龍華様のコメントを拝見し、時代劇の見方を知りました。
小説や芸能等にも造詣が深い方は、おっしゃることが違うものだと、感心致しました。
2007/01/06(土) 19:52:15 | URL | 米将軍 #-[ 編集]
>こじゃろう様
しました。反応しました。
御屋形様のすね毛だわ~vvと
お顔よりおみ足ばっかり見てました(笑)
ぼりぼり掻いてる御屋形様も、人間臭いというか、おっさん臭くて好きでした(うひひ
あ、
話は飛びますが、8日テレビ東京でフィギュアがやりますが、キャンデロロさんお出になるようです。映るかどうか分かりませんが(汗)
よかったら是非。

>米将軍様
ここではと仰いますと、別のお名前で存じ上げていると云うことでしょうか。
はじめまして。(でいいのかな?)
管理人の龍華成と申します。
このようなコメントをいただきますと、
もっと真面目に書かないといけないかな。
と、思いますが、最近すっかり思いつくままな記事ですみません。

<時代劇の見方
私もつい最近までは、ドラマに対して
「こんなことあり得ない!」と、憤慨しておりました。
でも、史実(と思われるもの)通りにやっても、ドラマにならないし、それにつっこんでてもきりがないな、と思い至りました。
暴れん坊将軍や水戸黄門を全否定なんて出来ません(大好きですから)
ただし、ドラマはフィクションなので許せる、のであって、逆に、ドキュメンタリー系の番組で怪しいことを放送されると、結構腹が立ちます。
そういえば、以前、東照宮陽明門の木像の袴の木瓜紋を明智の桔梗紋と言い切った番組を見た時はかなりキレました(笑)
マスコミは放送の力というのをしっかり自覚して、歴史に対する真摯な態度を忘れずに番組を作って欲しいです。
・・・なんて、私ごとき浅学な者が偉そうにすみません(汗)
今年はもうちょっと真面目に頑張りたいと思います。


2007/01/06(土) 22:50:42 | URL | 龍華成(管理人) #-[ 編集]
キャンデローロ情報ありがとうございました!!
あああああああ~~~キス~~~///
いいなー、あの選ばれた人・・・かなり嫉妬してしまいました(笑)

キャンデローロさんばかりか、子どもの頃好きだったエルドリッジさんまで見れてお腹いっぱいです(*^▽^*)
2007/01/08(月) 19:33:27 | URL | ぢぇん茶こじゃろう #RnlpOFzo[ 編集]
>こじゃろう様
ですね~!羨ましいですね!
指差してもらえるだけでもいいので、行きたかったです(笑)
キャンデロロさんすこし老けられましたけど、ナイスミドルへの道まっしぐらって感じで、ますます素敵でしたvv
2007/01/10(水) 22:37:07 | URL | 龍華成(管理人) #-[ 編集]
ご返事、ありがとうございます。
龍華様。
米将軍でございます。
丁重なご返事を賜り、厚く御礼申し上げます。
小生は、以前、建勲神社の拝殿に飾ってある信長公功臣画の関連本を紹介させていただきました。その際、本文中で名乗るのを忘れていたため、前回のコメント冒頭で、改めて名乗ったのでございます。
時代劇に対して、史実への忠実さを期待していけないことには、近頃、気づきました。大河ドラマでも事実に反する場面が多々、見られるので、まして民放はなおさらである、と思うべきなのでしょう。
比叡山攻めの際、光秀が総大将に命じられておりながら、信長公御自ら出陣されていたり、光秀が秀吉との鉄砲の打ち合いで落命したりした場面は、そこが脚本家の創作能力の素晴らしい点であると解釈したほうがよいのでしょうね。
もちろん、「水戸黄門」や「暴れん坊将軍」などのシリーズ物であれば、実在の人物を扱っていても、フィクションであることには全く違和感がございません。
貴ホームページによって、信長公へのさまざまなアプローチの仕方を学ばせていただいております。感謝申し上げます。
また、文章が長くなりましたこと、お詫び申し上げます。
2007/01/15(月) 20:48:21 | URL | 米将軍 #-[ 編集]
あわわわわ、米将軍様大変失礼致しました。
自分の脳みそのあまりの衰えぶりにショックを受けております。(すみません)

今年は真面目にと云ったそばから、アニメやら用語集やらオタクなネタで、重ね重ね申し訳ありません。
が、何だかこのまま邪道なアプローチが続きそうです。
ここが変だよ時代劇だか、時代劇のウソホント、みたいな本を見た記憶があるので、結構おかしなところがあるんでしょうね。
鵜呑みにせずに、自分で調べようとする姿勢を忘れないようにしたいものです。
時代考証を極めて、ツッコミまくりながら時代劇を見るのも面白そうではありますが(笑)
・・・どこまでも不真面目ですみません。
どうかこんな管理人ですが、お見捨てなきよう、お願い申し上げますm(_ _)m
2007/01/16(火) 00:50:06 | URL | 龍華成(管理人) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/215-22006ce9
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。