font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
若獅子蘭丸2006 その後
よく考えたら、お祭りから、もう1週間経ってしまいました。
何だか楽しすぎて、もう遠い昔の出来事のような気もします。
役にも立たんレポも今回で尾張です。終りです。

さて、コスプレ撮影大会(笑)も終り、その後、
参加者&スタッフによる懇親会がありました。
図々しくも龍華さん、こちらも参加してきちゃいました。
本当にただの観光客なのに、良かったのかしらん?
と、今になって思います。
ああ、そういえば、今年の6月の供養祭にあわせて開かれた、
蘭丸イラスト展に応募してたのがバレてました(笑)
さて、さて、
撮ったばかりのお祭りのビデオを見ながら、
飲んだり食べたり、座った席が席だっただけに(笑)
オタクトークに花を咲かせたりと、濃いぃ内容でした。
女の子ばっかり集まったテーブルの席だったのですが、
半数以上が未成年(愕然)、ていうか高校生でした。
いやん、私ったら完全におばさ年長者の部類でしたよ(汗)
みんな若いね~。蘭丸祭りの未来も明るいわ!
公民館の開館時間の関係もあって、4時半にお開きとなりました。
『じゃ、また来年!!』
という挨拶を交わし、皆さんそれぞれ帰途に。
車で帰る組と駅まで送迎組みは、途中、兼山城址を
スタッフの方に案内していただきました。
20061021170659.jpg
(城址からの眺め。西なので岐阜の方かな)
重ね重ね、親切にしていただいて、兼山商工会の皆様、
また関係者の皆様、地元の方々、ありがとう御座いました。
遠くから来た参加者に『また来年』と言わせてしまう、
とっても素敵なお祭りでした。本当に来年もお邪魔します(笑)

この後、もう一泊して江戸に帰る狼木さんたちのホテルに
押しかけ、夜までおしゃべりしてきました。
このまま時が止まればいいのに。というのはこの事だな。と、
思いました。今思い出すと何か切ない(涙)
これからもどうぞ仲良くしてやってくださいませm(_ _)m

以上、若獅子蘭丸2006レポートでした。
あ、森家のお墓参りしてくるの忘れた!!(汗)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/180-be319393
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。