font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

若獅子蘭丸2006 その3
長い長い日記になりそうな予感。
と云う訳で、祭り前日の14日。
狼木さんとお友達の鳩さんに、初めてお会いしました。
第一印象は、

義経と弁慶が居る・・・・・(違

すみません、ごめんなさい。
以前、狼木さんたちが太秦でその2人の扮装をした
写真を見ていたので・・・(立ち位置逆だったけどね(爆
すらりと背の高いお二人に挟まれ、
「初めましてな気がしませんが、はじめまして」
と、変な挨拶を交わし、いざ、名古屋城へ。
まだ初めてお会いした緊張感を残しつつ、
名古屋城を見て回りました。狼木さんの解説付き♪
壊れだした打ち解けだしたのは、本丸横のお土産屋で、
八丁味噌ソフトクリームを食べた辺りだったと思います(多分)
万松寺で信秀パパのお墓参りをし、からくり時計を見、
やっぱり入れなかった総見寺を通り過ぎ、日曜日とはいえ、
何だか人が多いな・・と思いながら、大須から矢場町を通り抜け、
やっぱり入れなかった政秀寺の写真を撮った時、何やら、
人も乗せずにずらーっと並んでいるバスの列を発見しました。
窓には「信長隊①」の張り紙が・・・・・・
何事!?と思って、見ていくと、秀吉隊、家康隊、それぞれ
①~⑤と書いた張り紙のされたバスが、延々と並んでいるのです。
・・・・もしかして、今日は英傑行列の日!?
そうでした。この日はちょうど『第52回名古屋まつり』
の日だったのです。蘭丸祭りに浮かれすぎて失念しておりました。
が、行列も見ずに、名古屋港水族館へ遊びに行きました。
が、小腹が空いたので、とお茶をしながらお喋りしていたら、
盛り上がりすぎて、気づけば閉館1時間前。
今から入ってもなぁ、と云うことで、海辺でまたお喋り。
流石に辺りが暗くなってきたので、明日に備えて、
お2人はホテルへ、自分は自宅へ帰ることに致しました。
名古屋駅の駅ビルでこんな垂れ幕を発見。
!cid_A0002.jpg
今年の英傑行列のポスターはかっこよかったです。
あの右隅の部分だけ欲しい(笑)

それでは、また明日。
の分の日記へ続く。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/177-1b66ffba
この記事へのトラックバック