font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月形龍之介さん
東京池袋にある『新文芸坐』と云う映画館で、
9/9(土)~22(金)まで、
【第二回 時代劇(チャンバラ)ぐらふぃてぃ】
と題して、古い時代劇映画を上映するそうです。
→→新文芸坐オフィシャルサイト

そのうち9/21(木)に、中村(萬屋)錦之助 主演の
『風雲児 織田信長(1959/東映)』と
『反逆児(1961/東映)』
が、上映されます。
・・・・・・・・・み、見たい!!(でも江戸)
古い映画(戦前・戦後)で見たことがあるのは、
上記、中村錦之助の『風雲児 織田信長』と
市川雷蔵の『若き日の信長』だけなのです。
『反逆児』は主人公が徳川信康(中村錦之助)で、
御屋形様を月形龍之介と云う方が、演ってらっしゃるそうです。
月形龍之介って、どんな人だろうと思って、調べてみたら、
その『風雲児 織田信長』で平手のじい役だったそうなのです。
が、全く思い出せない・・・・・。思い出そうとすると、
どうしても市川雷蔵の方の映像が出てきてしまうのです。
DVDに録ってあるので、見ればいい話なのですが、
あまりに夜中なので(今、朝4時前です)、また後で。
でも、平手のじい役も御屋形様役もやってしまう、この、
月形龍之介さん、戦前は『出世太閤記』の織田信長があたり役。
って書いてあったのです!
となったら、見たいじゃないですか!例え脇役でも!!
だがしかし、戦前の映画が残っているの??
と思ったら、あるみたいです。
中古のビデオでなら、ネットで比較的安く取引されてました。
でも、こんな不純な動機のために、買っていいのだろうか?
我が家では良好な保存状態なぞ、望むべくもありません。
月形さんが本当に好きで、大事にしてくれる人のところに
もらわれて行くべきですよね、きっと。
と、話がずれましたが、
古い映画で御屋形様が出てそうなのって、結構あるんです。
やってらんないくらい沢山あるので、知りたい方は、
大河ドラマ&時代劇 登場人物配役事典というサイト様の
人物INDEXから織田信長を探してください。
と云う訳で、今は
『反逆児(1961/東映)』(月形龍之介)
『出世太閤記(1938)』(同上)
『風雲児信長(1940/日活)』(片岡千恵蔵)
あたりを探してみたいと思います。
さて、月形さんの平手のじいでも確認してこよっと(脱兎)

追記
市川雷蔵(愛知県図書館にあり)
片岡千恵蔵(愛知県図書館・岐阜県立図書館)
出世太閤記(荒川区立図書館・早稲田大学図書館・
       福岡市総合図書館・・・・・・・遠い・・・orz)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/157-0d74db92
この記事へのトラックバック
市川雷蔵&森一生コンビが贈る、痛快エンターテイメント時代劇!若き日の信長は奇妙な行動が多く、周囲の人々に“うつけ者”と呼ばれるが、それは信長の意図的な行動だった。弟を擁立しようとする重臣、敵と通じようとする武将らに囲まれて、信長はあえて“うつけ者”を演じ
2006/12/22(金) 02:14:37 | DVDジャンル別リアルタイム価格情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。