font-family : Arial, Helvetica, sans-serif;
『織田信長が好き!!』~龍華成の安土城文庫~
織田信長に対する愛を綴っております。 メインは500冊近くなってきた蔵書の紹介と、まだ見ぬ名作の探求です。 歴史を真面目に勉強したい方にはオススメ出来ません(笑)戦国史を楽しむ管理人のブログです。












ぶろぐ内探索

最後の晩餐(へうげもの3)
昨日&先日購入の書籍

へうげもの 3

待ってました!へうげもの3巻(5月5日の記事参照)
古田織部(左介)が主人公の漫画なんですが、
ここに出ていらっしゃる御屋形様が、大物過ぎて素敵なのですよvv
2巻の最後が、本能寺で謀反の黒幕に、
胴を真っ二つにされた所で終わっていたので、
3巻での登場シーンは最初10ページだけ。
でも、かっこよかった!!
何がかっこいいって、真っ二つにされた胴をくっつけて、
すたすた歩いちゃうんですよ!
しかも、悠長に、その黒幕に自分の血で茶を点ててあげちゃうんですよ!!
そして、予告どおり、最期の言葉は『愛』でした。
そうよ、御屋形様はあなたを愛していたのよ!
この黒幕めが!!ばかちんが!!(涙涙)
だが、黒幕よ、その茶(血)をちゃんと飲んだのだから許そうじゃないか。
神様の血を聖杯(茶碗)で受けたからには、飲まないとね。
(作者の方はそんなつもりではないでしょうけど・・・汗)
面白い漫画でしたので、御屋形様のご勇姿をずっと見ていたかったです。
と云う訳で、4巻以降どうしようかな~。
ヤスケのその後が気になるだけなんだけどな~~(悩悩悩)
もし買いましたら、またレポート致します。

ジパングに恋をした

やってしまった・・・・
これまた、どこかのサイトに載っていたのを見て、
ずっと探していたのですが、こんなどーしよーもない話とは
思わなかった・・・・・。
どーしょーもないって云うと、語弊がありますね、
個人的には最高にウケました。無茶苦茶すぎて面白かったです。
作者の方は、一体何がしたかったんだろうな・・・・
と、思わずにはいられない展開でした。
まず、主人公は、本能寺の変の400年後に転生してきた
御屋形様(女)ちなみに、大財閥の令嬢。
ただ、やはり前世が災いしてか、破天荒な性格。でも美人。
そのお見合い相手として登場するのが、
明智光秀(男)どこぞの大銀行の御曹司。
前世はどうだか知りませんが、平々凡々な好青年です。
この2人、前世の記憶は全くありません。
ただ、本能寺の変の夢を断片的に見るだけです。
明智青年の頑張りのお陰で、だんだんいい雰囲気になっていきます。
そこへ現れたのが、
森蘭丸(男)謎の男。大手宝石商の若社長。
こっちは確信犯。前世の記憶ありまくり。
というより、むしろお蘭そのもの。
みっちーから御屋形様を守るべく、生まれ変わってきたのです。
が、このお蘭、現代の法律という尺度で測ると、
完全に犯罪者です。
みっちーは御屋形様を害するつもりは欠片もないのに、
みっちー宅に火をつけて殺そうとするわ、
みっちーを誘拐して抹殺しようとするわ、さらに、
みっちーを助けようとする御屋形様を手篭めにするわ、
薬を使って眠らせるわの違法行為オンパレード。
しかし、みっちーを仕留めかけた直前、
御屋形様にナイフで刺されて、あえない最期を遂げてしまいます。
が、
直後、上記の手篭めにされた時の、お蘭の子供が
御屋形様のお腹に宿っている事が判明。
御屋形様を愛している明智青年は、海外で3人でやり直そう。
と、告白。2人はお蘭の遺体を隠し、海外逃亡を図ります。
空港で落ち合う約束をした2人。
しかし、明智青年は警察に捕まりそうになり、
逃げ出したところ、車にはねられ死亡。
ひとり空港に取り残された御屋形様。
この後一体どうなるのでしょうか?
と云う所で終わりました。
・・・・凄くないですか?
凄すぎてこんなに行数使っちゃいました(笑)
買うと後悔します。多分。
何なら、私、貸しますから、メール下さい。
世の中には、すごい漫画があるもんだと思いました。

火焔浄土―顕如上人伝』 津本陽 角川文庫
未読です。サブタイトル通り、顕如の話だと思います。

かがり火百万石』 河村恵利 秋田書店プリンセスKC
先日はまった、時代ロマンシリーズの10巻目。
前田家のお話を集めた本です。
出番少ないですが、相変わらず御屋形様が
美味しいところを持っていかれてて素敵ですvv

『秀吉 NHK大河ドラマストーリー後編』 NHK出版
御屋形様と、松岡お蘭の写真のために買いました(笑)

爆笑 信長の野望〈3〉』 光栄
先日、復刻版で1,2巻は出たんですが、3巻だけは
なぜか出なかったので、買ってみました。
で、
驚愕の内容発見。

『佐々が御屋形様の

 お手つきだった!!』

・・・・・って本当ですか!?


とっしーが御屋形様の寵童だったのは知ってたけど、
まさか佐々まで!???
どこの文献に載ってるんでしょうか!?
これが本当なら、私、同人誌描きますよ~~~~~~っ!!
(残念ながら、管理人はれっきとした腐女子です。)

今日の記事は長いなぁ。。。
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/08/26(土) 02:23:15 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://noburabu.blog16.fc2.com/tb.php/152-c63d02a0
この記事へのトラックバック
織田信長が天才だとすれば、豊臣秀吉は人の力を借りる名人ではないだろうか。秀吉は18才のときに信長のぞうり持ちになった。今で言えば、高校を卒業し、大企業のサラリーマンになったようなものだ。その後、信長社長に認められ、百姓出身の秀吉が足軽頭という課長になり、部
2006/10/14(土) 11:43:35 | HottaWorld::「活・喝・勝」